ペール缶で燻製器を作ってみた

バイクのオイル交換で不用になったペール缶を利用して燻製器を作ってみました。
b0011006_17382565.jpg

ペール缶の中でたき火をしてオイル分を焼ききって、ドリルで網を置く針金を通す穴をあけて網を置いただけです。
b0011006_1739365.jpg

b0011006_17454667.jpg

中に入れたスモークチップ(桜)を七輪で下から熱すればOKのはずです
b0011006_17395624.jpg

しかし、なかなか難しいですね 火加減が。

なんとかかんとかスモークは出来ましたが改良の余地あり。
火力は普通の炭より温度が長持ちする練炭の方がいいかもしれないです
あとスモークチップを追加するために横に穴を空けたほうがいいのかな?
それともスモークチップは別の鍋とかに置いて、その上にペール缶をのせた方がいいのかな?
ちょっと考えます

出来た物はゆでたまご(うずらもあり)、6Pチーズ、ウインナーソーセージです
b0011006_17422835.jpg

b0011006_174250100.jpg

6Pチーズ、ウインナーソーセージはいい感じで香りも味もまさに燻製でなかなか美味しいです
ゆでたまごは色は付いたけどイマイチ燻製感がなく見た目だけって感じです

でも意外と簡単に出来るんですね燻製って。
要改良ではありますがとりあえずは形にはなりました


あとおまけで「孫の手」を作ってみました。
b0011006_17433760.jpg

うちにあったはずの孫の手が見つからないので近くの空き地で竹を切って来てカットしてガスレンジで炙って曲げて一丁上がり。
良いですよ 途中の曲がりのおかげで、まさに痒い所に手が届くってヤツです
ちょっとただのまっつぐな竹なので次はカッコいいのを作ろうと思います
[PR]
by dino-zoff | 2014-12-28 17:47 | DIY | Comments(0)
<< スーパーカブ110が13万キロ... chromecast >>