ガレージの橋の架け替え

バイクガレージの出入りに使っている自作の橋なのですが老朽化で一部が腐食して割れて危険な状態になってしまいました。
橋の下は農事用の用水路です。
最初の橋は2002年に知り合いのリフォーム屋さんに作っていただいた物で全部木製でした。
2008年5月にも木材が腐食してしまい、この時は足場パイプをベースに改良補修していました。

まずはバラして現状把握です。
b0011006_23495034.jpg

マズイですね、思ったよりイカれてますね。
2×材はダメなものが多いし、肝心カナメの土台部分を支える4本のアンカーの内の1本が抜けてたし、アンカーに留めてあった2×材なんて腐食で半分の厚みになってる。
この板は最初から替えてないので13年たってますから、良く頑張ってくれたものです\(◎o◎)/
はじめは補修でもいけるかと思ってましたが、補修というレベルではとても無理な事がわかり新規に作り変える事にしました。

新規の橋もベースは単管パイプ(足場用)ですが、板は木製はやめて、スチールの足場板を使用します。
足場板2mが8枚、単管パイプの2mが6本、あとは接合金具です。
b0011006_2351013.jpg

単管パイプと足場板を接合する為に足場板に14ミリの穴あけを1枚に付き3ヶ所で計24ヶ所。
壁面に固定する鉄のアングル材のアンカー通す穴も14ミリで4ヶ所です。
でもこの穴あけがちょっと厄介でした。
手持ちのドリルビットは12ミリまでしかないのでホームセンターに見に行ったら、14ミリは4000円もするんです(^_^;)
他に何かないかと探すとステップドリルと言う、空いてる穴を少し広げる円錐状の物が2780円でありました。
これでもちょっと高いけどこれしかないですね、貯まってたポイントを200ポイント使って2580円で妥協です。
早速、足場板から穴あけ。
b0011006_23515840.jpg

まずは5ミリの下穴、次に12ミリ広げて仕上げにステップドリルで14ミリに仕上げました。
24ヶ所ですからこれだけでかなり時間をくいました。
次のアングル材の穴あけは卓上ボール盤を使いました。工程は同じですが、仕上げのステップドリルで広げようとすると途中で止まります(^_^;)
b0011006_23523435.jpg

足場板の穴あけでステップドリルが少し摩耗してるのもありますがアングル材は厚いんですよね〜
どうしようか悩んで、いまさら14ミリのドリルを買うのもアホくさいし。
ドリルの摩擦抵抗が強すぎて止まるんだから油を付けたら上手くいくかもと思いエンジンオイルの余りを付けてみました。
大正解です。
上手く削れて穴あけ出来ました(^^)
切削油は大事ですね。良い勉強になりました。

壁面のアンカー用の穴をコンクリートドリルで空けます。
ガレージを作る時にアンカーを打ったのでコンクリートドリルは自前で持ってます。
振動ドリルは貰い物ですが持ってます。
だがしかし、アンカー穴は一筋縄ではいきませんでした。
アングル材を当てて穴の位置をマーキングしたんですが、凸凹のある装飾ブロックに正確に穴が空けられるわけもなく微妙なズレが・・・
案の定アンカー打ったらアングル材がはまらない(ToT)
しょうがなくズレに合わせて穴を広げると言う余計な作業を追加。
b0011006_2359496.jpg

なんとかアングル材の取り付け完了(^_^)v
あとは単管パイプと足場板を組んでいくだけです。
単管と足場板の接合にはホームセンターで見つけた金具を使用します。
b0011006_025292.jpg

本来の使い方は違うみたいですがちょっとアレンジしたら簡単で強度も出て一石二鳥でした。
お陰で単管同士を組むために買ったクランプはムダになってしまいました。
b0011006_042454.jpg

b0011006_044739.jpg

思い描いた通りの物が出来て大満足です。
ちなみに作業日数は5日間くらいかかりました。ほとんどが加工と下準備ですね。
これで10年は保つかな〜
[PR]
by dino-zoff | 2015-12-30 00:11 | DIY | Comments(2)
Commented by ソリタク@イソタク at 2015-12-30 22:27 x
おぉぉ~♪
久々拝見♪zoffガレージ(^^♪(嬉)
バージョンアップ(^_^)v
Commented by dino-zoff at 2015-12-30 23:12
タクちゃん
お久しぶり〜 コメントありがとうございます(≧∇≦)b
頑張りすぎて筋肉痛です(^_^;)
<< 革のスマホケース(ポーチ)制作 MNPして格安SIMにしました。 >>