草刈機の燃料タンク破損。交換。

台風9号の被害でウッドデッキの屋根が壊れてしまったのですが、ウッドデッキに置いていた草刈機などいろいろな物をガレージ内に避難させていました、かなり強引に押し込んだのですが、そのさいに草刈機の燃料タンクに圧力をかけてしまったようなのです。
いざ使おうと思い外に引っ張り出して燃料を補充したら下からドバドバと燃料が漏れました。
樹脂製のタンクを見ると大きな亀裂が数カ所あり、かなりの圧力がかかっちゃったみたいです。
ちょっと亀裂が大きすぎて修復は出来そうにありません。
燃料が混合ガソリンなので安易な修復ではさすがに怖いですからね(^_^;)
ならば取り替えかと思い、メーカーのタナカのWebサイトを見ますが、とても個人を相手に部品供給する雰囲気はゼロです。
しかたなく農機具屋などのサイトを徘徊しましたが、この業界はWebサイトの情報量が非常に乏しいです。
ヤフオクに同メーカーの機種違いですが、見た目は同一の中古タンクが2000円ほどで出品されていました。
2000円はちょっと高いな〜と思いさらにいろいろググっているとタンクだけホームセンターで取り寄せした人のブログがいくつか見つかった。
だいたい1000円〜2000円位らしく、しかも店舗取り寄せなので送料なども必要無し。
さっそく近くのカインズホームに電話すると、タナカの草刈機の取り扱いはないが来店して注文書に記入していただければ、タンクだけ取り寄せ出来ると思いますとの返事。
すぐに出向いて注文書に記入すると、もしかすると4000円位するかもと言われビビりましたが、価格がわかった時点で電話をくれるとの事で、それで OKだったら取り寄せって流れに出来るそうで、それで頼んで来ました。
一週間ほどで電話があり、取り寄せ出来ます、価格は800円台だと言うので、即答でお願いしました。
さらに一週間ほどで現物到着の連絡があり無事に新品のタンクを手に入れる事が出来ました。
さすが新品のタンクは真っ白でキレイです、ちなみに消費税を入れて894円でした。
ちょっと時間はかかりましたが安く手に入って良かった(^o^)v
タンクの交換はボルト3本だけで簡単ですが、燃料ホースのシールゴムがちょっと外しにくかったですが、さすが純正品、ピタッと収まりました。
b0011006_20413442.jpg

さっそく燃料を入れ直してプライマリーポンプをピコピコ押すと無事に燃料が送られてエンジン始動出来ました。
今回の修理も最小限の出費で済んで何よりでした。
[PR]
by dino-zoff | 2016-09-29 20:48 | DIY | Comments(0)
<< 西部劇の最高傑作「ロンサム・ダブ」 FIAT500のヘッドライトバ... >>