ふすまの張り替え

先日、ふすまの張り替えをしました
我が家には和室がありませんのでもちろんふすまもないのでうちの話ではなく実家のです
実家で以前やっていた店舗を貸すかもしれないので2階にある和室のふすまを張り替えてほしいと母に頼まれたのでした
ここは六畳一間の小さな部屋ですが大小合わせて9枚のふすまがあります
しかもややこしい事に天袋やら地袋やら小さなふすまが多くしかも蝶番の扉になってたりと面倒くさいやつばかりです
b0011006_19584462.jpg

まあどれも本襖の折れ合い釘で作ってあるので枠を外すのは比較的簡単なのでちょっとはホッとしましたけど。
20年くらい倉庫の様に使われていたのでそうとうな汚れが付着してます

このうちの二枚だけはこないだやったグループ展の作品に使ったので既に外してあります
これも作品は剥がして張り替えしてここに戻します

ふすまの張り替えはまずどれがどこのふすまかを記録する事から始まります
これをやらないとどれが何処に入るかわからなくなってあとで大変な事になっちゃいます
まあ今回はみんな形が違うので問題はないのですが普通の住宅だとみんな似たようなサイズなので間違うと開け閉めが出来なくなる事もありますよ
記録は写真か簡単な図を描いて番号を付けておくといいでしょう
この番号は後で枠を外した時にも必要になります

ふすまに番号を鉛筆やチョークなどで付けたら外します
外したふすまの枠を外します 両脇は折れ合い釘という曲がった釘で留めてありますので先端のどちらかプラハンなどで軽く叩くと簡単に外れます
上下の枠は真っすぐの釘で留めてあるので枠の間にスクレッパーを差し込んで少しずつずらして傷つけない様に外します
枠外し専用の道具もありますが100円ショップのスクレッパーで充分事足ります
枠を外したらふすまと同じ番号を書いておきます
引き手側かどうかも書き込みます。引き手側だけ○と書いておくといいでしょう。上下の区別も書いておくと組む時にやりやすいです
すべてのふすまの枠を外して番号を書いたら出っぱった釘を戻して綺麗に拭いておきます
塗装のはげている所は塗り直すと見栄えも良くなります
今回は汚れだけで塗装自体は綺麗でした
ふすまの穴が空いている所や破れがひどい所は大きめに剥がしておきます
穴の所や柄の所に茶チリ紙という下張りの紙をまわりに薄く糊を付けて袋張りをしておきます
b0011006_19593151.jpg

こうしておくと柄が透けて見えたり穴の所がへこんだりするのが防げます
下張りが終わったら紙の裁断です
紙は近くのホームセンターで糊の付いてない襖紙を買いました
最近は糊付きで水で濡らすだけで張れる物やアイロンで張る物や両面テープ式やらいろいろとあるみたいです
私はいちおう経験者なので本格的に自分で糊を付けて張らせていただきます
紙の裁断はふすまに紙を乗せて周囲を枠幅の半分だけ大きくカットします
私はプラスチックのデカい定規だけで手で切ります
これはコツがいりますので普通はサイズを測ってカッターで切るのが一番良いですよ

専用の糊を濃いめに水で溶いて糊刷毛で均一に練っておきます
裁断した紙を裏返して台に置き(大きな台が無ければ床でやるのが良いかも)濡らしたタオルなどで全体を湿らします
この時、周囲の2センチくらいは残して濡らします
そして良く練った糊を刷毛に付け紙の周囲の濡らしていない2センチ部分に塗ります
立て掛けておいたふすまに、糊を付けた紙の上の左右の端を親指と人差し指で摘んで持ち上げふすまの上部に左右均等に仮付けします
次に紙の下部両端を持ち全体を浮かせて左右が均一になるようにバランスをとって下部を軽く貼ります(これで四方のバランスが取れます)
次になぜ刷毛(乾いたタオルでもOK)で中央から上下左右と空気を追い出して撫で付けます
次に中央よりやや下の左右のフチに紙の端を紙を引っぱりぎみに付けて徐々に上部へと移動しながら同じ様にフチに張り付けて行きます
上部の左右の角は片方づつ隅に追い込む様にしわを伸ばしながら貼っていきます
上部が貼れたら天地を引っくり返して下の部分を同じ様に貼ります
左右のフチを貼る時に折れ合い釘がちょっと危険ですので気をつけながら作業します
ここで少しくらいたるみやしわになっても乾くとだいたい伸びてピンと張りますのでたぶん問題ないです
b0011006_2002475.jpg

b0011006_2011034.jpg

この部屋のふすまは入り口の扉の所以外は押し入れなので裏面は雲花紙という緑色の裏専用の紙を貼りました

押し入れの天袋(天井に面した小さな物入れ)のふすまが太鼓張りという方法で貼られていて表の紙を裏面まで巻き込んで貼る方法なのでちょっと面倒でした
b0011006_2032060.jpg

今回の張り替えで一番大変だったのは取っ手と蝶番の取付けでした
取っ手は前に付いていたネジの穴の場所を貼った後に印を付け忘れて穴の場所がわからずにかなり苦労しました
蝶番も狭い天袋のでネジも錆びたマイナスネジでうまく回らずにこれだけで時間と労力をかなり使いました
こんな事なら新しいネジを買ってくれば良かったです

どうですか〜  かなり上手でしょう  これも特技の1つなんで〜す
[PR]
by dino-zoff | 2007-10-28 20:07 | DIY | Comments(3)
Commented by さめこ at 2007-10-29 22:38 x
すごーい!
zoffさんて、使えるオトコですねぇ~
Commented by toyoaki@愛媛 at 2007-10-30 10:14 x
難しそうですが、楽しそうですねぇ。
やって見たい(笑)
実家の自分が開けた穴を塞ぎに行って見ようかな?と思いました。

窓の網戸の張替えとと車のスモーク張りは自分で何度もしていますが、
作業的に似た部分がありますね。

下準備の番号付けは参考になりました。
Commented by say-na at 2007-10-30 16:22
すごいっ、さすが職人の手をもつzoffさんだー。
子供の頃、母が実家の襖貼りに挑戦してたけど
やっぱ難しくて職人に頼んでたなぁー。
<< ハウステンボス到着 コスモス畑 >>