カテゴリ:DIY( 98 )

ゴミステーションの扉を作ったぞ〜

ここに住んでから20年弱になるんですけど、7軒並びの端にあるゴミステーションはブロックを積んだ扉も屋根もない物で、ゴミを入れたらナイロンのネットを被せるだけでした。
もうだいぶ前から扉と屋根を付けたいと思ってましたが、とりあえず扉だけ作って取り付けました。
材料は昔にウッドデッキに置いていたデッキテーブルをバラした木材とゴミステーション前の空き地に生え放題の竹、バラした犬小屋の金具です。
買ったのは木材をブロックに固定するコンクリート用のビスだけです。500円くらいだったかな。
最初は枠の中は金網を張ろうと思ったんですが竹で作れば無料で出来るじゃんと思ったので作ってみた。
はじめは竹で網を組んではめ込もうと思ったんですが組んでしまうと歪んではめ込めずに、はめながら組んで行く事にしました。
まあ見栄えは悪いですが、なんとか完成。カラスや猫が入らなければ良いのでこれでもOKかな。
b0011006_14323428.jpg

屋根はまた次回に作ろうと思ってます。
[PR]
by dino-zoff | 2017-06-11 14:33 | DIY | Comments(0)

ミシンも楽し。

先日ミシンを買いました。
もちろんウチの奥さんがなんですが、でも私も使えるかなと思いまして。
おくさま所有の職業用ミシンは速すぎてとても使えないもので。

買ったのはこちらのアイシン精機のスーパージーンズ(SuperJ15GYB)と言う黒いミシンです。
b0011006_14154770.jpg

「段差を越えろ」がキャッチフレーズで12オンスのデニム生地12枚重ねもらくらく縫えるそうです。
これならけっこう厚めの革も縫えそうなのでバッグなど長い距離の縫いが楽に出来るんじゃないかなって思ってます。
このミシン、通常は直販サイトの「笑顔のたまご」と言う所で40800円、アマゾンでも「笑顔のたまご」からの販売のようで同価格です。
そいつがたまたま行ったファッション市場「サンキ」と言う店で展示機処分で18800円(店頭通常価格37800円)で売っていたのです。通販の半額以下の超お買い得価格。
b0011006_14192253.jpg

これは見逃せません。検討の結果、後日購入に至りました。
「サンキ」は「しまむら」より更にローカルな感じの大規模な洋品店ですが生地がけっこうたくさん売っているのでたまに奥さんと行くんですよね〜

早速うちの奥さんに使い方のレクチャーを受けて小学校の家庭科でやって以来のミシンにチャレンジしてみました。
実は春二番の強風でデッキ屋根のつなぎ部分張っていた糸入りビニールシートのハトメ穴の部分がちぎれたり裂けたりして、留めてあった8箇所中、6箇所が破損してしまったのです。
ちょうど良いので練習に補修してみました。
b0011006_14262113.jpg

補強と穴の再生のためナイロンのベルトをカットして縫い付けてみました。
最初、下糸を出すのが良くわからずに手間取りましたが、ミシンの方は意外と順調に出来ました。
縫い目はガチャガチャですが今回は見た目は必要無いので強度だけ仕様です(^o^;
でもミシンってなかなか面白いし楽しいもんですね
最後にハトメを付けて完成です。

で再びデッキに設置、以前はポリカ波板に沿うようにしてあったのですが、風が逃げる様に隙間を設けてみました。
はたして効果はあるでしょうかね?
b0011006_1511777.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2017-03-19 15:12 | DIY | Comments(0)

宅配BOX作りました。

再配達にはいつも心苦しく思ってました。
なので宅配BOX作りました。
と言っても家にあった箱をワイヤーで支柱にくくり付けてハンコと鍵を入れてあるだけですけど。
少しでも負担が減るといいんですが。
b0011006_1765717.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2017-03-08 17:08 | DIY | Comments(0)

木目込の雛人形キットのDIY

雛人形。
初孫に木目込の雛人形キットを買って作ってみました。
b0011006_12565188.jpg

キット内容は木目込み本体のボディと頭(顔も髪も完成品)と着物用の生地各種と型紙、粉の糊(水で練って使用)、頭の飾り、ぼんぼり、人形が座る台座(親王台)、下に敷く赤いフェルトがセット内容です。
道具類は何も入ってません。
まず紙ヤスリで本体のザラついた肌を滑らかにします。
胴体には頭を差し込む穴が空いていませんので彫刻刀で首のサイズに合わせて穴あけします。
そして型紙に合わせて生地をカット、胴体の溝に水で練った糊を入れて木目込みベラで生地を押し込んで行きます。
広い面積の部分より狭い小さな部分の方が難しいですね。
押し込んでいると生地の端っこがほどけて糸になってしまうんですね。
でもなんとか誤魔化して完成させました。
セットには金屏風は付いてないので自作です。ダイソーでスチロールボードと金色の紙を買ってスチロールボードの裏に切り込みを入れてちょうど良いサイズにカットし紙を貼ったら出来上がり。200円には見えないと思います(^^)v
すべてセットしたら一丁前の雛人形の出来上がりです。
孫の泉ちゃんはまだわからないと思いますが、親の方の娘夫婦は喜んでくれました。


[PR]
by dino-zoff | 2017-03-02 12:53 | DIY | Comments(0)

オットマン作製

先日、IKEAのアームチェアを買ったのですが、オットマンは未購入。
でもやはりオットマンがあったほうが楽ちんで具合が良さそう。
と言うことで作りました。
デッキに放置状態で置かれていた古い椅子を利用し、背もたれをカットし、足も10cmほど短くして、色はアームチェアに合うように塗装を剥がして見える部分だけ白木にしました。
b0011006_825854.jpg

b0011006_8272327.jpg

b0011006_8274888.jpg
b0011006_8281744.jpg
b0011006_8283652.jpg

後はうちの奥さまに手持ちの赤い布でカバーを作ってもらってクッションを仕込んだら完成。
b0011006_8411198.jpg

まるで買ったみたいですね〜
見た目も使用感も問題なしです。
なかなかのクオリティーでしょ。
b0011006_8412831.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2017-02-13 08:43 | DIY | Comments(0)

クリスマスイブもDIY。デッキ屋根の続きです。

前回直したウッドデッキの屋根とガレージの間に糸入りのビニールシートを張りました。
b0011006_18113569.jpg

糸入りビニールシートはカフェのテラス席に冬になると防寒&風よけにぐるりとまわりを囲うように設置しているのを見かけますね、あれです。
あいつを天井部分にタープの様に片側をロープでテンションかけて引っ張ってあります。
ロープはターンバックルでテンションが調節出来るようにしました。
台風などの強風時にはここから風を逃がせるようロープを外せば簡単に取り外せるようにしてあります。

[PR]
by dino-zoff | 2016-12-24 18:04 | DIY | Comments(0)

ウッドデッキ屋根の修復

8月22日の台風9号で被害を受けたウッドデッキの自作の屋根ですが、とりあえず5.5メートルの内の3.4メートルほどの部分を建て直しました。
台風9号で土台部分ごと浮き上がり飛ばされたので、基礎を深くし更にモルタルで固めました。
デッキ上に立てていた1本もしっかりした金具でボルト留め、全体に筋交いも入れて更に補強金具も使いました。
これで孫娘用にブランコだって付けられます。
少し折れた2✕材もありましたので交換しましたがポリカーボネートの波板は少し変形したぐらいで再使用に問題はありませんでした。
今までの屋根は雨が一切入らない用にガレージまで続いていて風の逃げ道が無かったのも飛ばされた原因かと思います。
なのでとりあえず残りの2メートルほどは台風などの強風時には取り外せる様に出来るなど波板以外の物を考え中です。
b0011006_22545737.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2016-11-20 22:59 | DIY | Comments(0)

草刈機の燃料タンク破損。交換。

台風9号の被害でウッドデッキの屋根が壊れてしまったのですが、ウッドデッキに置いていた草刈機などいろいろな物をガレージ内に避難させていました、かなり強引に押し込んだのですが、そのさいに草刈機の燃料タンクに圧力をかけてしまったようなのです。
いざ使おうと思い外に引っ張り出して燃料を補充したら下からドバドバと燃料が漏れました。
樹脂製のタンクを見ると大きな亀裂が数カ所あり、かなりの圧力がかかっちゃったみたいです。
ちょっと亀裂が大きすぎて修復は出来そうにありません。
燃料が混合ガソリンなので安易な修復ではさすがに怖いですからね(^_^;)
ならば取り替えかと思い、メーカーのタナカのWebサイトを見ますが、とても個人を相手に部品供給する雰囲気はゼロです。
しかたなく農機具屋などのサイトを徘徊しましたが、この業界はWebサイトの情報量が非常に乏しいです。
ヤフオクに同メーカーの機種違いですが、見た目は同一の中古タンクが2000円ほどで出品されていました。
2000円はちょっと高いな〜と思いさらにいろいろググっているとタンクだけホームセンターで取り寄せした人のブログがいくつか見つかった。
だいたい1000円〜2000円位らしく、しかも店舗取り寄せなので送料なども必要無し。
さっそく近くのカインズホームに電話すると、タナカの草刈機の取り扱いはないが来店して注文書に記入していただければ、タンクだけ取り寄せ出来ると思いますとの返事。
すぐに出向いて注文書に記入すると、もしかすると4000円位するかもと言われビビりましたが、価格がわかった時点で電話をくれるとの事で、それで OKだったら取り寄せって流れに出来るそうで、それで頼んで来ました。
一週間ほどで電話があり、取り寄せ出来ます、価格は800円台だと言うので、即答でお願いしました。
さらに一週間ほどで現物到着の連絡があり無事に新品のタンクを手に入れる事が出来ました。
さすが新品のタンクは真っ白でキレイです、ちなみに消費税を入れて894円でした。
ちょっと時間はかかりましたが安く手に入って良かった(^o^)v
タンクの交換はボルト3本だけで簡単ですが、燃料ホースのシールゴムがちょっと外しにくかったですが、さすが純正品、ピタッと収まりました。
b0011006_20413442.jpg

さっそく燃料を入れ直してプライマリーポンプをピコピコ押すと無事に燃料が送られてエンジン始動出来ました。
今回の修理も最小限の出費で済んで何よりでした。
[PR]
by dino-zoff | 2016-09-29 20:48 | DIY | Comments(0)

家電リサイクルの持ち込み処分をしてみた

7月にエアコンを取り替えて古いヤツはデッキに放置していたのですが、今度はリビングのプラズマテレビ(43型)に黒い帯が入ってしまいまして、やはり寿命でしょうね
次のテレビはどうしようか?と悩んでいたんですが、このプラズマはどう処分するかもついでに調べたら、ネットで新しく買う時にも家電リサイクル回収を頼めるみたいですが、リサイクル料金+収集運搬費と余計なお金がかかるのですね
自分で郵便局で家電リサイクル券の記入と支払いを行えば収集運搬費分は浮く事になります
それは自分でやらねば気が済みませんね
まず郵便局に行く前に調べておく事がありました。
製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金です。
リサイクル料金はメーカーやテレビの種類やサイズなどなどで違ってきますので下記の家電リサイクルセンターのサイトで確認して下さいね
http://www.rkc.aeha.or.jp/index.html

今回はエアコン(室内機・室外機)、プラズマテレビ(43型)、ついでにずっと庭に放置していたブラウン管テレビの14型と10型の計4点。
エアコンが972円、プラズマテレビ2916円、ブラウン管テレビ1836円が2つで振込手数料入れて合計で8000円ほどでした。
郵便局で用紙をもらって住所氏名、製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金を記入し払い込みをすれば残りのリサイクル券をくれます。
こいつを持って家電リサイクル指定引取場所として登録されている最寄りの業者に持ち込みます。
この場所も家電リサイクルセンターのサイトで調べられます
私は南総通運㈱の茂原支店が最寄りで11キロほどの所にありました。
超重たいプラズマテレビをFIAT500の後席を畳んで無理やり押し込み、その上にエアコン、ブラウン管テレビを重ねてギリギリ積み込み成功。やるじゃんチンク。
b0011006_14471812.jpg

いざ南総通運㈱。
場所は千葉市へと抜ける通称茂原街道沿いのねずみ坂の途中にあります、茂原支店となってますがここは長柄町なんですけどね〜
だだっ広い駐車場の一角に家電リサイクル指定引取場所のノボリを発見。
近くに留めるとすぐにおじさんが寄ってきて、「あちらの事務所でリサイクル券を出して下さい」と言われ、提出しておじさんと一緒にエアコンとテレビを下ろしたら事務所から出てきた方がテキパキとリサイクル券を下ろした物に貼付けて残りの用紙に指定引取場所印のハンコを押して終了です
やってしまえばなんて事ないですね。
製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金を事前に調べておけば郵便局で手間取る事はないと思います。
[PR]
by dino-zoff | 2016-09-06 15:43 | DIY | Comments(0)

孫にハンコ

ハンコを彫りました。
ものすごくひさしぶりに道具を出して、字入れ、粗ぼり、仕上げとすべて手作業で順調にこなせました。
技術は衰えていない気がするんですが、目が衰えています。
老眼鏡プラス拡大鏡のダブル補正でやっと細い所が見えるんですから、ハハハ(^o^;
ちなみに印材は象牙です。
b0011006_18431723.jpg
b0011006_18431988.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2016-08-18 18:37 | DIY | Comments(0)