カテゴリ:DIY( 97 )

糸立てを作りました。

うちの奥さんがミシンの後ろに糸立てが欲しいと言うので作ってみました。
ネットで画像検索して参考にしました。
6フィートのワンバイフォー材2枚で枠と土台を作り、8ミリ丸90センチの丸棒を8センチにカットしドリルで穴を空けてボンドを入れて差し込みます。
細い方の糸立ては古い菜箸を少し細く削って利用しました。
大きな糸は20本、小さな糸は7本立てられます。
糸立ての下には小物が置ける棚もあります。
買った材料は合計600円ほどでした。
奥さんには凄く喜んでもらえました(^_^)v
b0011006_15384049.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2015-02-23 20:45 | DIY | Comments(0)

ペール缶で燻製器を作ってみた

バイクのオイル交換で不用になったペール缶を利用して燻製器を作ってみました。
b0011006_17382565.jpg

ペール缶の中でたき火をしてオイル分を焼ききって、ドリルで網を置く針金を通す穴をあけて網を置いただけです。
b0011006_1739365.jpg

b0011006_17454667.jpg

中に入れたスモークチップ(桜)を七輪で下から熱すればOKのはずです
b0011006_17395624.jpg

しかし、なかなか難しいですね 火加減が。

なんとかかんとかスモークは出来ましたが改良の余地あり。
火力は普通の炭より温度が長持ちする練炭の方がいいかもしれないです
あとスモークチップを追加するために横に穴を空けたほうがいいのかな?
それともスモークチップは別の鍋とかに置いて、その上にペール缶をのせた方がいいのかな?
ちょっと考えます

出来た物はゆでたまご(うずらもあり)、6Pチーズ、ウインナーソーセージです
b0011006_17422835.jpg

b0011006_174250100.jpg

6Pチーズ、ウインナーソーセージはいい感じで香りも味もまさに燻製でなかなか美味しいです
ゆでたまごは色は付いたけどイマイチ燻製感がなく見た目だけって感じです

でも意外と簡単に出来るんですね燻製って。
要改良ではありますがとりあえずは形にはなりました


あとおまけで「孫の手」を作ってみました。
b0011006_17433760.jpg

うちにあったはずの孫の手が見つからないので近くの空き地で竹を切って来てカットしてガスレンジで炙って曲げて一丁上がり。
良いですよ 途中の曲がりのおかげで、まさに痒い所に手が届くってヤツです
ちょっとただのまっつぐな竹なので次はカッコいいのを作ろうと思います
[PR]
by dino-zoff | 2014-12-28 17:47 | DIY | Comments(0)

Yチェアを革で張り替え

我が家で唯一の高級家具であるYチェアくん。
b0011006_011265.jpg

購入してから17年ほど経過しているのですが、ネコの爪研ぎにちょうど具合が良いらしく座面のペーパーコードは切れてあちこちがボロボロの状態です。
b0011006_021786.jpg

座ったら抜けてしまいそうなので今や置いてあるだけです。
もう何年か前から張り替えをしたいと思い続けていたのですが、同じペーパーコードでの張り替えは業者に頼むとお高い(15,000円くらいからで、送料を入れると20,000円くらい)、DIYで自分でやろうかとも思いましたがペーパーコードで編み込むように張っていくのは相当に難しそうで挑戦出来ずにいました。
ちなみに新品では材質や色で違いはありますが今現在で85,000円位〜するらしい
うちが買った時はたしか68,000円だったと記憶しています

そこで思いついたのが革で張り替えしたらどうなんだろうかと言うこと。
ネットで検索してみたのですがほぼ見当たりませんね。
座面サイズに枠を作りクッションを入れて革張りにした物はありましたがイメージがぜんぜん違うし、もっさりとしてYチェアのデザインが台無しな印象なんですよね。

見本になる物は見つかりませんでしたがイメージとしてはキャンプ用の折り畳みチェアの様にテンションがかかってピンと革が張られている感じなんです。

とにかくやってみることにしました。
革はうちの奥さんが日暮里に布を買いに行くついでにイス用の革の買い出しも頼みました
日暮里は生地の集積地、繊維街でありますが革のお店もけっこうあるんです
革はうちの奥さんのセンスにおまかせで3,000円以内でとお願いしました
買って来てくれたのはベージュのナチュラルカラーのヤギ皮の全裁(一頭分)でなんと1,080円という格安です
革の厚さは約1ミリですが、店の人いわくイスに使っても強度的には問題ないだろうとの事でした。
実物もしっかりしていてとても丈夫そうな革で皮肌もなめらかで全く問題はなさそうです。
b0011006_034226.jpg

最初の作業はペーパーコードの取り外しとイス本体のクリーニングです
ペーパーコードは切って解くだけなので簡単ですが外したペーパーコードの量には驚きました
この量を手で巻いて編み込んでいくのは相当にしんどいなと実感しました。

本体の汚れは思い切って水をかけて洗剤とスポンジでゴシゴシと擦っちゃいました
まあ水を吸って変形やら不具合がおきないよう超手早く作業しましたけどね
あとは洗剤でも落ちない汚れや傷などは紙ヤスリ等でキレイにしました
b0011006_04333.jpg

いやーいいですね〜 見違えるほど綺麗になりました

次は型紙を作りますが、実際に当てて確認したいので奥さんに要らない布をもらって作りました
b0011006_1525294.jpg

裁断してまち針で留めて細部を確認しながら微調整を何度かして完成

次に革を裁断するのですが、当初は革を二重にして強度を高めようと考えたのですが、実際に革を2枚カットして当ててみるとこの作業が相当困難な事が判明
皮を縫うのは糸を通す穴を空けておいて針を通すわけですが、テンションをかけて皮を引っ張りながらこの裏になった革の穴を通すのは非常に難しいのです
なのでここはヤギ革の強度を信じて1枚でやることにしました

あとは型紙通りに裁断したヤギ革を木工用のクランプで固定してテンションをかけてピンと張って縫っていきます
b0011006_05347.jpg

前面のひざ裏が当たる部分の木材が革1枚だけだと感触が悪い様なのでこの部分だけ、クッション材としてキルト芯を2重にして巻きました
b0011006_06098.jpg


イスはやはり通常のレザークラフトとは勝手が違いますね
通常ではテンションがかかっている革を縫う事はまずないですから縫った所が開かないようにクリップでとめたり糸を片方引っ張りながら次の穴に針を通すなどいろいろと工夫が必要でした
b0011006_064815.jpg


出来上がって再生されたYチェアの出来は自分で言うのもなんですがけっこうイケテル気がする〜
b0011006_07305.jpg

革の張りも問題ないし見た目もナチュラルで違和感はないと思います
b0011006_074891.jpg

座り心地も適度なクッション性があってとても良いです

あとは耐久性ですね こればっかりは何年か使用してみないと何とも言えません
革が伸びてしまうかどこからか切れてしまうのか、まあそれもお楽しみって事でじっくり楽しみます
まあもう張り替えのノウハウはわかったので次ぎにはもっと巧く出来そうですけどね
[PR]
by dino-zoff | 2014-09-08 00:11 | DIY | Comments(4)

ウッドデッキのリニューアルその後

解体縮小しリニューアルしたウッドデッキのその後です。
土がむき出しだった所には、リアル人工芝という物を敷いて見ました。
b0011006_20251638.jpg

これがけっこうよく出来ていて見た目だけじゃなく感触もかなり本物に近い優れものです。

そして前々から気になっていたエアコンの室外機の移動を行いました。
b0011006_20251681.jpg
b0011006_20251735.jpg

そのままではデッキの屋根の柱が邪魔なので、屋根の途中につっかえ棒をして、一時的に柱を外して行いました。
移動と言っても90度向きを変えて家の壁に沿うようにしたのです。
まあ測ったように壁と柱のすき間にドンピシャにハマりました(^_^)v
移動後に人工芝を室外機に合わせて再度カットして敷き直し完成。
b0011006_2025175.jpg

デッキを小さくしたからこそ出来た改良で非常にスッキリしました。
b0011006_20251831.jpg

最初に思い描いていたコンサバトリーからは遠く離れてきてしまいました。
作りながらうちの奥さんとも相談しながら行き当たりばったりでやっておりますのでこの先どうなるかは全く読めません(^^;;
[PR]
by dino-zoff | 2014-05-24 19:48 | DIY | Comments(0)

ゴールデンウイークはDIY三昧(ウッドデッキのリニューアル)

以前に屋根を取り付けたウッドデッキのボロボロの古い方を改修しました。

5月4日の第1日目
とりあえずボロボロの旧ウッドデッキを撤去。
b0011006_038354.jpg

b0011006_038356.jpg

b0011006_038469.jpg

コーススレッドが錆びて抜けなかったり、折れたりでけっこう大変でした(^^;;


5月5日の第2日目
この日は天気が思わしくなく、グズグズと雨もようです。
しかしこの日の為に作ったと言っても過言ではない屋根のおかげで普通に作業が出来ます。素晴らしい。

リニューアルデッキの形は当初、前と同じで全面デッキにするつもりでしたが、うちの奥さんといろいろ考えて縮小&変形のウッドデッキに変更。
b0011006_038470.jpg

しかも解体した旧デッキや手持ちのまだ使える材を再利用し、なんとか新たに材料を買わずに出来るよう奮闘中。

5月6日の第3日目
古くいろいろな箇所が腐食している木材の再利用するため、材の当てはめに四苦八苦です。
b0011006_038593.jpg

2×6(ツーバイシックス)に2×8も混ぜて、無理やりパズルの様に組み合わせなんとか、全面覆う事が出来ました。
材料は一切買い足し無しで、0円DIYです~(^^)

でも、もうほとんど廃材に近いので、端っこの方はボロボロです。
そこを避ける様にクネクネと波形に手ノコでカット。
b0011006_038588.jpg

実はこのカットがいちばん大変だった。
最初はまる~くカットするつもりだったんだけど(^^;;
b0011006_038652.jpg

でも結果オーライで変化がついて、かえって良かった気がする。
最後の仕上げの塗装したら完成です、イヤイヤどうして、けっこう綺麗じゃないですか。
これはやった甲斐があったな〜‼︎

どこかに出かけるより、ずっと充実したゴールデンDIYウイークでした。
[PR]
by dino-zoff | 2014-05-07 00:23 | DIY | Comments(0)

花壇(ミニミニ畑)の復活

アフターです。
b0011006_2018354.jpg

以前にジャガイモなどを作っていたミニミニ畑が収穫後は雑草や庭木の手入れ物を放り投げておく場所と化して荒れ果てていました。
今一度花壇か畑に蘇らせるべく作業しました。
枠は市販の簡単な連結式の物を使用。

ビフォーはこんな感じ(^^;;
b0011006_20183691.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2014-04-26 20:03 | DIY | Comments(0)

ウッドデッキ屋根の遮光

5月に作ったウッドデッキの屋根が透明ポリカ波板なので今年の凄い日光がもろに降り注いでとても暑いです
ちょっと耐えるとか、そういうレベルでないので日射しをなんとかせねばとホームセンターへ。
いつもの最寄りのカインズホームでいろいろと見て回る。
ちょっとオシャレなサンシェードやすだれやよしず、はたまたトラックの幌みたいな物も使えそうだなと思いながら、農業資材館の建物へ行くとビニールハウス用の遮光、調光用の物がいろいろあります。
どれもデカく長いサイズだったりするんですが、ひとつポリエチレンの黒い遮光ネットというのがありまして、これはいかにも農業用という感じで洒落っけの一つもない真っ黒けなんですが、となりにこれの白いバージョンがありまして、こいつが安い。
サイズが2m×2mで780円なんです。
オシャレなサンシェードなんかだとこの半分以下のサイズで2倍から3倍の価格ですよ。
これはもう決まりです。
しかも機能比較で黒バージョンと遮熱性能は同じだって言うんですから文句なしです。
2個お買い上げで1560円。

帰ってさっそく取り付け作業。
2個を合体させて2m×4mにして屋根の内側にフックをねじ込んでヒモで結んで完成です。
b0011006_19115791.jpg

アップにするとこんな感じの生地でメッシュだから風の影響も低そうです
b0011006_19125319.jpg

隣家との目隠しに3年物のサンシェード(屋根には小さい)を使用しました。
b0011006_19144069.jpg
 
いや〜 ちょっと見オシャレ〜に見えるよね OK OKぜんぜんOKでしょ。
これで少しは猛暑をしのげるかな〜
[PR]
by dino-zoff | 2013-07-13 19:17 | DIY | Comments(0)

ウッドデッキのコンサバトリー化計画つづき

ガレージ屋根との隙間の三角地帯から雨が吹き込むのでここにも波板を貼りました。
b0011006_21411111.jpg
 

波板は普通は縦貼りだけど、どこかで見かけたサイトで横貼りにするとシャレた感じなると言っていたのでマネをして横に貼ってみました。

うん これはけっこう良いかもしれない。
[PR]
by dino-zoff | 2013-05-26 21:42 | DIY | Comments(0)

ウッドデッキのコンサバトリー化計画その2(屋根)

さてゴールデンウイークも後半です
いよいよ屋根の波板を取り付けましょか、と思いましたが仕事してた3日間の間に気がつきました
波板を貼る為には縦の垂木(たるき)だけではダメで、横方向に横桟(よこざん) を入れてその部分に波板を貼るのですね
ハハハ (^_^;) 素人は恐ろしい。
危うくやっちまうところでした((((;゚Д゚)))))))

早速5月3日朝イチでまたカインズホームに3cm×4cm長さ3650ミリの杉の角材、6本組で1480円を2組と2個足りなかったシンプソン金具とステンレスの傘釘(波板を留める専用釘)1箱450本入りと足りなくなりそうなステンレスのコーススレッド(ネジ釘)65ミリも1箱を購入。
b0011006_21181841.jpg

トラックを借りて搬送しましたが、ちょっと遅く行くとトラックが貸し出し中でけっこう待たされたりします

垂木は場所によって違いがありますが500〜600ミリピッチ(ピッチは間隔の事)で横桟は450ミリピッチにしました。
冬に雪も滅多に降らないのでこんなもんで十分でしょう。
カットして塗装をしましたが、想定外の材だったのであと少しと言うところで塗料が足りなくなりました。
買いに行くのも面倒だし、あまり目立たない場所なのでうちにあったクリーム色の塗料でごまかしました (^_^;)
横桟の取り付けは上からコーススレッドを打つしかないので手間がかかります
脚立と二段ハシゴを駆使しましたが、少しづつ位置を移動しては登って打つの繰り返し、しかも壊れたデッキ上や植木の土の上なので非常に効率が悪く時間がかかりました
b0011006_21311811.jpg

上に乗って作業するのが一番良いのですが、家に固定していないので隣家側に倒れないとは限らないので安全の為にやめておきました
b0011006_2132934.jpg

5月4日 いよいよ波板を貼ります
この日はちょいと遅めに8:30ごろから作業開始
まず現場でサイズの確認をしていたら、なんと波板が2枚も足りない事が判明(; ̄O ̄)
いや~ またまたド素人丸出しの失敗‼
あわててカブでカインズホームへ。
波板を購入(2枚で3760円)し、トラックを借りようとしたら全て貸し出し中( ̄◇ ̄;)
昨日書いたことが現実になっちまった。
係のお兄ちゃんいわく、1時間から2時間位かかる事もありますとの事。
しかたがないので他に買うものも無いのに 店内をウロウロして新しいドリルドライバー欲しいな~など考えたりする事30分余り
無事呼び出されまして、以外と早く運べました
でも相当なタイムロスは間違いないんですけどね
やっと本来の波板の取り付けを開始
b0011006_21332232.jpg

ポリカーボネート波板は傘釘を打つ所に下穴を空けておかないと割れる可能性が高いそうで、上に乗せる前に空けておけば効率が良いのですが横桟が完璧なサイズに出来ているとは思えないので、上に乗せて場所に合わせながら穴空けし傘釘を打ち降りて足場を移動というこれまた効率が悪い作業になりました
b0011006_21335616.jpg

そんなこんなで、この日は短い部分の波板までの作業で終了
b0011006_21361131.jpg

5月5日(こどもの日)快晴
気持ちのいい爽やかな陽気のなか作業開始
前日の短い部分は一枚物の波板6枚で貼れましたが、今日の長い部分は80㎝ほど足りないので余分に買った波板をカットしてたします
作業的には昨日と同様に波板を上に乗せて穴空けし傘釘を打ち降りて足場を移動の繰り返しです
b0011006_21373734.jpg

そして最後はガレージの屋根に乗っての釘打ちでしたが、これが一番楽ちんでしたね
b0011006_21384260.jpg

仕上げに少し補強を入れてとりあえず今回のコンサバトリー化計画第1弾「屋根作り」は終了です
b0011006_21393355.jpg

ちなみに今回の施工面積は約15.8㎡、坪にすると4.78坪くらいでした
けっこうな広さだな~ 6日間かかるわけだよ。実質は5日半くらいだけど。
充実したDIYウィークでした。
[PR]
by dino-zoff | 2013-05-05 21:49 | DIY | Comments(4)

ウッドデッキのコンサバトリー化計画

みなさん ごきげんよう ゴールデンウィーク前半は絶好のDIY日和でしたね
まあ世間では行楽日和なんですが我が家と言うか私はDIY三昧でした

我が家のウッドデッキも元からある方はもう15年選手でボロボロです
後から拡張したガレージ側はまだしっかりしていますが、古い方は床が抜けてしまって途中で取り替え補修した床材5枚をガレージへの通り道にだけ寄せ集めてなんとか通路だけ確保している状態です
b0011006_19151659.jpg

このままでは危なっかしいし見た目もよろしくない。
しかしデッキ部分を直すにしても作業には時間も手間もかかるし天候にも左右される
そこで屋根を作って雨が降っても作業出来るようにして、行く行くはまわりを透明アクリルなんかで囲って最近流行のコンサバトリー(サンルームみたいな感じ)にしたいな〜と思った訳です

今回のゴールデンウィークは珍しくちょっとまとまった休みが取れた(と言ってもカレンダー通り)のでまず前半の27日28日29日と作業しました

初日の27日はちょっと用事もあったりしてたいして作業出来ず細かい材料や資材の買い出しと支柱を立てる基礎石の設置で終了。

2日目の28日は朝いちの早朝7時すぎ(資材館だけ7時開店なのです)に近くのカインズホーム(ホームセンター)にて材料の買い出し。
今回の材料はコスト面も考えて最も安い2×4材だけで作製することにしました
屋根は透明のポリカーボネート波板を使います
b0011006_19162386.jpg

2×4材は12フィートを5本、10フィートを17本、8フィートを13本で計17580円
ポリカ波板は2400ミリを6枚、2730ミリを4枚で計17600円
その他の資材が7880円ほどでしめて合計43060円の出費です
この日の作業は家側の柱を3本立てて上に桁を乗せてるのですが手前の2本は長さが2700ミリほどあるので立ててから桁を乗せるのはちょっと難しそうなので家の前で組み立ててから移動させる事に。
しかしこれが思ったより大変でうちの奥さんにも協力してもらいなんとか所定の場所に仮設置出来ました
b0011006_19172021.jpg

もう一本の柱と桁は現場で組み立てて仮の支え棒をクランプで留めて倒れないようにしました
b0011006_19174746.jpg

残りの材料の塗装をしてこの日は終了。
暗くなる18時半まで作業しちゃったのでさすがに腰にきちゃって疲労感たっぷりでした

3日目の29日
この日は隣家側の柱を立てます
隣家側のフェンス前に小さな木が2本あるのでそれを避けて立てるのでちょっとデコボコと変形する感じです
b0011006_1921644.jpg

クランプや端材で仮止めしてなんとか一人で組む事が出来ました
後は家側と隣家側を垂木で接合します
パーゴラみたいな感じですね
b0011006_19215588.jpg

接合にはシンプソン金具のサイズミックハリケーンタイって言うカッコいい名前のヤツを使いました 1個40円。安っ‼
b0011006_19223058.jpg

参考にした雑誌のドゥーパではL字金具で固定してましたが、価格もシンプソン金具の方がかえって安かった
何本かの材が陽射しと塗装後の乾燥でねじれてしまい修正しながら接合しました
b0011006_19225592.jpg

とりあえずこの日はガレージ側の垂木5本と逆側の端に1本を補強代わりに取り付けて終了

後はゴールデンウィーク後半で残りの垂木とポリカ波板を取り付け予定ですヽ(´▽`)/へへっ
[PR]
by dino-zoff | 2013-04-30 19:25 | DIY | Comments(2)