カテゴリ:DIY( 99 )

ウッドデッキのコンサバトリー化計画その2(屋根)

さてゴールデンウイークも後半です
いよいよ屋根の波板を取り付けましょか、と思いましたが仕事してた3日間の間に気がつきました
波板を貼る為には縦の垂木(たるき)だけではダメで、横方向に横桟(よこざん) を入れてその部分に波板を貼るのですね
ハハハ (^_^;) 素人は恐ろしい。
危うくやっちまうところでした((((;゚Д゚)))))))

早速5月3日朝イチでまたカインズホームに3cm×4cm長さ3650ミリの杉の角材、6本組で1480円を2組と2個足りなかったシンプソン金具とステンレスの傘釘(波板を留める専用釘)1箱450本入りと足りなくなりそうなステンレスのコーススレッド(ネジ釘)65ミリも1箱を購入。
b0011006_21181841.jpg

トラックを借りて搬送しましたが、ちょっと遅く行くとトラックが貸し出し中でけっこう待たされたりします

垂木は場所によって違いがありますが500〜600ミリピッチ(ピッチは間隔の事)で横桟は450ミリピッチにしました。
冬に雪も滅多に降らないのでこんなもんで十分でしょう。
カットして塗装をしましたが、想定外の材だったのであと少しと言うところで塗料が足りなくなりました。
買いに行くのも面倒だし、あまり目立たない場所なのでうちにあったクリーム色の塗料でごまかしました (^_^;)
横桟の取り付けは上からコーススレッドを打つしかないので手間がかかります
脚立と二段ハシゴを駆使しましたが、少しづつ位置を移動しては登って打つの繰り返し、しかも壊れたデッキ上や植木の土の上なので非常に効率が悪く時間がかかりました
b0011006_21311811.jpg

上に乗って作業するのが一番良いのですが、家に固定していないので隣家側に倒れないとは限らないので安全の為にやめておきました
b0011006_2132934.jpg

5月4日 いよいよ波板を貼ります
この日はちょいと遅めに8:30ごろから作業開始
まず現場でサイズの確認をしていたら、なんと波板が2枚も足りない事が判明(; ̄O ̄)
いや~ またまたド素人丸出しの失敗‼
あわててカブでカインズホームへ。
波板を購入(2枚で3760円)し、トラックを借りようとしたら全て貸し出し中( ̄◇ ̄;)
昨日書いたことが現実になっちまった。
係のお兄ちゃんいわく、1時間から2時間位かかる事もありますとの事。
しかたがないので他に買うものも無いのに 店内をウロウロして新しいドリルドライバー欲しいな~など考えたりする事30分余り
無事呼び出されまして、以外と早く運べました
でも相当なタイムロスは間違いないんですけどね
やっと本来の波板の取り付けを開始
b0011006_21332232.jpg

ポリカーボネート波板は傘釘を打つ所に下穴を空けておかないと割れる可能性が高いそうで、上に乗せる前に空けておけば効率が良いのですが横桟が完璧なサイズに出来ているとは思えないので、上に乗せて場所に合わせながら穴空けし傘釘を打ち降りて足場を移動というこれまた効率が悪い作業になりました
b0011006_21335616.jpg

そんなこんなで、この日は短い部分の波板までの作業で終了
b0011006_21361131.jpg

5月5日(こどもの日)快晴
気持ちのいい爽やかな陽気のなか作業開始
前日の短い部分は一枚物の波板6枚で貼れましたが、今日の長い部分は80㎝ほど足りないので余分に買った波板をカットしてたします
作業的には昨日と同様に波板を上に乗せて穴空けし傘釘を打ち降りて足場を移動の繰り返しです
b0011006_21373734.jpg

そして最後はガレージの屋根に乗っての釘打ちでしたが、これが一番楽ちんでしたね
b0011006_21384260.jpg

仕上げに少し補強を入れてとりあえず今回のコンサバトリー化計画第1弾「屋根作り」は終了です
b0011006_21393355.jpg

ちなみに今回の施工面積は約15.8㎡、坪にすると4.78坪くらいでした
けっこうな広さだな~ 6日間かかるわけだよ。実質は5日半くらいだけど。
充実したDIYウィークでした。
[PR]
by dino-zoff | 2013-05-05 21:49 | DIY | Comments(4)

ウッドデッキのコンサバトリー化計画

みなさん ごきげんよう ゴールデンウィーク前半は絶好のDIY日和でしたね
まあ世間では行楽日和なんですが我が家と言うか私はDIY三昧でした

我が家のウッドデッキも元からある方はもう15年選手でボロボロです
後から拡張したガレージ側はまだしっかりしていますが、古い方は床が抜けてしまって途中で取り替え補修した床材5枚をガレージへの通り道にだけ寄せ集めてなんとか通路だけ確保している状態です
b0011006_19151659.jpg

このままでは危なっかしいし見た目もよろしくない。
しかしデッキ部分を直すにしても作業には時間も手間もかかるし天候にも左右される
そこで屋根を作って雨が降っても作業出来るようにして、行く行くはまわりを透明アクリルなんかで囲って最近流行のコンサバトリー(サンルームみたいな感じ)にしたいな〜と思った訳です

今回のゴールデンウィークは珍しくちょっとまとまった休みが取れた(と言ってもカレンダー通り)のでまず前半の27日28日29日と作業しました

初日の27日はちょっと用事もあったりしてたいして作業出来ず細かい材料や資材の買い出しと支柱を立てる基礎石の設置で終了。

2日目の28日は朝いちの早朝7時すぎ(資材館だけ7時開店なのです)に近くのカインズホーム(ホームセンター)にて材料の買い出し。
今回の材料はコスト面も考えて最も安い2×4材だけで作製することにしました
屋根は透明のポリカーボネート波板を使います
b0011006_19162386.jpg

2×4材は12フィートを5本、10フィートを17本、8フィートを13本で計17580円
ポリカ波板は2400ミリを6枚、2730ミリを4枚で計17600円
その他の資材が7880円ほどでしめて合計43060円の出費です
この日の作業は家側の柱を3本立てて上に桁を乗せてるのですが手前の2本は長さが2700ミリほどあるので立ててから桁を乗せるのはちょっと難しそうなので家の前で組み立ててから移動させる事に。
しかしこれが思ったより大変でうちの奥さんにも協力してもらいなんとか所定の場所に仮設置出来ました
b0011006_19172021.jpg

もう一本の柱と桁は現場で組み立てて仮の支え棒をクランプで留めて倒れないようにしました
b0011006_19174746.jpg

残りの材料の塗装をしてこの日は終了。
暗くなる18時半まで作業しちゃったのでさすがに腰にきちゃって疲労感たっぷりでした

3日目の29日
この日は隣家側の柱を立てます
隣家側のフェンス前に小さな木が2本あるのでそれを避けて立てるのでちょっとデコボコと変形する感じです
b0011006_1921644.jpg

クランプや端材で仮止めしてなんとか一人で組む事が出来ました
後は家側と隣家側を垂木で接合します
パーゴラみたいな感じですね
b0011006_19215588.jpg

接合にはシンプソン金具のサイズミックハリケーンタイって言うカッコいい名前のヤツを使いました 1個40円。安っ‼
b0011006_19223058.jpg

参考にした雑誌のドゥーパではL字金具で固定してましたが、価格もシンプソン金具の方がかえって安かった
何本かの材が陽射しと塗装後の乾燥でねじれてしまい修正しながら接合しました
b0011006_19225592.jpg

とりあえずこの日はガレージ側の垂木5本と逆側の端に1本を補強代わりに取り付けて終了

後はゴールデンウィーク後半で残りの垂木とポリカ波板を取り付け予定ですヽ(´▽`)/へへっ
[PR]
by dino-zoff | 2013-04-30 19:25 | DIY | Comments(2)

DIY 外壁の剥がれ補修

我が家の西側の2階の窓の下部の所の壁に剥がれが出て醜くなっていました
前に外壁の塗装をしてもらった時に塗装屋さんがいちおう補修してくれたんですが同じ所が剥がれて来たのです
b0011006_16495961.jpg

うちはセメント系のサイディングで一部はヒビが入りサイディングごと剥がれてる所とサイディング表面だけや塗装のみの剥がれの部分などがあります
補修には何の為に購入したか忘れてしまいましたが白色セメントなんて言うのがガレージにありました
説明に「コンクリートのこわれ、ヒビ割れた箇所の補修にどなたでも簡単にキレイに仕上がります」とあります これは最適ですね
1.3キロ入りの袋から適当に1/5くらいの量を水で練って2階の窓から顔を出して適当にヘラで塗り塗りと言うか押さえつけます
この白色セメントはなかなか使いやすいですね 思ったより簡単に出来ました
b0011006_16504496.jpg

一日乾かして翌日塗装しました
塗料は同じ色のピンクなんて手持ちにありませんので作ります
用意したのは手持ちのアイボリーと赤です
b0011006_16512842.jpg

アイボリーに少しづつ赤を加えて壁と見比べて調色です
素人にしちゃあ良い感じの色に仕上がったと思います イイネ
b0011006_16521547.jpg

あとはひたすら塗り塗りで完成。
b0011006_16524958.jpg

満足満足であります。
[PR]
by dino-zoff | 2013-03-17 16:54 | DIY | Comments(0)

家のシンボルマーク?の塗装

我が家の壁の中心に何故か楓の葉のマークがあります(カナダ国旗のあれです)
しかも浮き彫り(レリーフ)でなく、沈み彫りの様な感じで凹んでいるのですが白一色でした
うちの並びには同様の家がうちを含めて7件あるのですがマークがあるのはそのうち5件のみ
そして近年、外壁の塗り替えに伴ってマークに塗装を施す家が2件ほどあり、それが外観をグッと引き締まって良い感じなのです
なのでうちもやりましょかという事でDIYで開始。

まず簡単にタレそうな部分のみマスキングテープと新聞紙やブルーシートで養生をしまして
塗料はいろいろと考えましたが奥様のセンスで水性カベ用のフレッシュワインと言う色をチョイス
b0011006_1621011.jpg

養生だけちゃんとしておけば塗装自体はごく簡単で15分くらいで終了。
乾燥を待って養生を剥がせば完成。
b0011006_16212295.jpg

いいですね ぐっと家が引き立つ感じがしますね

ところでなぜ楓の葉なのかは不明です
イチョウの葉の家もあれば変形十字マークだったり同じ楓でも浮き彫りだったり、枠だけでツルンと何のマークもなしもあったりと建築会社の意図が不明です
まあ建てられた時期がいろいろと違うし、いちおう輸入住宅なので輸入先との関係で違うのかなと想像しています
[PR]
by dino-zoff | 2012-12-24 16:25 | DIY | Comments(0)

抵当権抹消登記の手続き(これもDIYか?)

我が家の住宅ローンがめでたく完済いたしました、と言っても2年前なのですが・・・

完済した時に銀行から抵当権の抹消登記を行って下さいと言われていて、ご自分でなさる方もいらっしゃいますが「司法書士の先生もご紹介いたしますよ」とも言われたのですが手続き代行料として1万数千円〜2万円くらいかかるらしい

代行料がそんなにかかるなら自分でやりますと言って帰ってきたのは良かったのですが、その後仕事が超忙しくなったのと、手続きは法務局が開いている平日じゃないといけないのもあり長期放置状態が続き、忘却の彼方に・・・

そしてなんと2年が経過するというとんでもない結果に・・・・(-_-;) 

 
ここ最近は何とか仕事の方も落ち着き、平日に時間が取れる日も出て来たため法務局へ行くことにしたのです
ローン完済時に銀行からいただいた抵当権抹消登記の手続き用の書類を持って法務局の相談コーナーに行きました

書類を見せると代表者事項証明書は有効期限が3ヶ月ですし金融機関の代表者も変わってしまっているので銀行にもう一度新しく書類を発行してもらって下さいと言われてしまいました トホホ


その足で銀行に出向き事情を説明し再発行をお願いすると、本店に送って作ってもらうので1週間から10日くらいかかるとの事でこの日はこれでおしまい

後日1週間もかからずに銀行さんから連絡あり無事書類を再発行していただきました
いくらか手数料取られるかもと思っていましたが無料でございました
b0011006_19351028.jpg

それから2週間ほどして平日に時間が取れたので再び法務局の相談コーナーへ。
こちらの相談コーナーはとても親切で書類のチェックもしてくれて申請書の書き方も教えてくれました

事前にネットで調べたところ申請書は自分で用意するみたいに書いてあるものもありましたが、ここの法務局では無料で相談コーナーのおじさんがくれました

申請書の記入が終わったら印鑑を押して、登録免許税の支払いです

登録免許税は収入印紙で行います
不動産1物件につき1000円です。  
例えば、土地2筆と建物1棟であれば3000円。
うちの場合も土地2筆と建物1棟なので3000円の収入印紙を相談コーナー隣りで購入し用意した台紙(A4コピー用紙)に貼り付けて、その他の書類と共に申請窓口に提出しました

すると登記完了予定日を書いた紙をくれます

ほぼ一週間後にこの紙と申請書に押した印鑑を持って受け取りに行くと抵当権設定契約証書の原本と登記完了証を2通渡されました
b0011006_19355212.jpg

登記完了証というのは特に重要な書類ではなく、ただのお知らせの紙だそうです。

そして、万全を期すには、登記事項証明書(登記簿謄本のこと)を取得して抵当権抹消登記がきちんとなされたかを確認しないといけないみたいです。



以上 どなたかの参考になれば幸いです
[PR]
by dino-zoff | 2012-11-29 19:43 | DIY | Comments(0)

FMアンテナ(再生自作)

我が家のリビングのマイクロコンポ(YAMAHA MCR-040)のラジオのFMがなぜか急に入りが悪くなって雑音だらけになってしまった
もともと適当に付属のアンテナコードを窓枠に貼付けていただけなのでしょうがないのですが。
でもこれでけっこう聞こえてたんですけどね〜
なんか障害になるような物がどこかに出来たんでしょうか? 不明です。

とは言えなんとかせねばと、ネット徘徊すると自作しとる方けっこういますね
でも本格的に作るとそれなりにお金もかかります
そんな本格的は必要ないのでリサイクルで作ります
材料としては以前に強風で折れて取り外してバラして保管中のVHFアンテナを利用します
形はなるべくシンプルなヤツをと探ると八木式アンテナと言うのが良いと書いてあるのでそれを真似する事に•••••
適当に切ったり貼ったり穴あけたりと(そこらへん省略)数時間で完成!!
b0011006_17133660.jpg

ガレージ屋根上で感度確認。
b0011006_17141286.jpg

FMヨコハマ以外はほぼ良好に入るようになったぞ〜
FMヨコハマは元々ほとんど聞こえてなかったし遠いからと納得させて終了です
おかげさまでほとんど雑音なしでFMラジオが聞こえるようになりました めでたしめでたし。
ちなみにほんとにこの形にしたから聞こえてるのかは不明です
あくまで自己満足の世界であります
こういうのに詳しい方いじめないでね 適当が好きなんです
[PR]
by dino-zoff | 2012-11-21 17:15 | DIY | Comments(2)

浄化槽エアーポンプ故障

我が家は田んぼと畑に囲まれた所にありまして下水が完備していなく合併浄化槽で下水は処理しています。
本日は業者さんが浄化槽の清掃に来てくれたのですが、来て早々に「エアーポンプ動いてませんよ」との事。
家を購入してから15年ほど経ちますがまったく交換してなかったので、まあいつか壊れるとは思っていたんですけどね。
浄化槽清掃業者さんに聞くとうちで用意すると4〜5万円位するとの事。たっ高い
確か近くのホームセンターで普通に売っていたはずです。
早速近くのカインズホームにて物色。
業者さんによると風量60のエアーポンプが使われているので同じ能力の物が良いと言ってましたね
ありました。カインズホームオリジナルブランドのエアーポンプの定格風量60L/minというやつでなんと19800円です。
カードで買って帰ると業者さんが壊れたポンプを外して待ってました。
取り付けは超カンタンでゴムのジョイントをはめ込んでコンセントにプラグを入れるだけです
高さがちょいと足りなかったので下に2×材の端材をかまして対処
浄化槽を見ると勢いよくブクブクとエアーが吹き出してます
新しいエアーポンプはコンパクトになって静かになってしかも省エネ設計らしいです
カインズホームオリジナルですが作ってるメーカーは安永エアポンプと言うちゃんとした所みたい
これでまた当分は大丈夫そうですがはたして何年もつのかな〜?
b0011006_138263.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2012-10-20 13:08 | DIY | Comments(0)

草取りドリルビット自作

芝生の雑草取りってかなり面倒なのです
芝の隙間から雑草が生えてくるので、手で抜くと根だけ芝の下に残ってしまう事が多いんです
何か良いものはないかとネットを徘徊していると見つけました
「抜けるンです」&「抜けるンですBit 」です
b0011006_2245824.jpg

この画像が製品です
先端が三角形に3本の金属の棒が出ているもので、これを雑草に突き刺して回転させると根っこ全体を巻きつける様にからめ取れるというものです
回転を手でやるのが抜けるンですで電動ドリルに取り付けて使用するのが抜けるンですBit です
ドリルビットの方が欲しいんですけど、けっこう高いんですよね
定価は2500円もするし・・・

じゃあ作っちゃいましょうか
まずは材料探し。
手持ちのドリルビットをまさぐって実際に地面に突き刺す先端用にコンクリートドリルの4ミリが1本と4.5ミリが2本発見。
b0011006_228351.jpg

後はこれを取り付けるベースの部分ですが10ミリの木工用のドリルビットがサイズ的に良さそうです
どのビットもほとんど使っていないのでこれで決まりです
後はこれを溶接すれば完成です
土と草の根っこなので、それほどの強度は必要ないので外れない程度のテキトーな溶接でもオッケーでしょう
b0011006_2294169.jpg

溶接跡はきたないですが、トンカチで叩いても外れなかったのでたぶんだいじょうぶ。
b0011006_2294890.jpg

早速インパクトドライバーに装着してテスト。
b0011006_22103449.jpg

良いですね、ザクッ!ギュルギュル、ズボッと凄く簡単に抜けます
気持ちイイっす
これで草取りも楽しくなりそうです
[PR]
by dino-zoff | 2012-05-03 22:11 | DIY | Comments(3)

またまたトイレトラブル!

二度あることは三度あるのことわざ通り、三たびトイレの詰まりが発生しました。
水を流すと満タンに溜まってゆっくりと引いて行くと言う感じです
前回使用したパッコンバーも今回はまったく役に立たずでいくらやっても同じ状態。
またも便器を外していろいろ試みるも開通のきざし無し。
しょうがないので、便器側からビニールの紐を水と一緒に流して外の排水枡の所に出て来たら紐の上部にタワシみたいの付けて引っ張ってみようと思ったのですが、いくら水を流してもビニール紐が出て来ません。
おかしいと思って排水枡から針金の先端を曲げた奴を突っ込みビニール紐を引っ掛けようと引いたり押したりしてましたがビニール紐は一向に引っかからず、しかし何度も試みるうちに細い木の根の様な物が引っかかってチョロチョロ出てくるようになりました。
まさか排水管に木の根が入り込んでいるのか?
嫌な予感 ‼
でもやるっきゃない。
排水管が埋まってると思われる場所をシャベルで掘ってみます
掘り始めてすぐに無数の木の根がそこいら中にあって掘りにくいほどです
目的の配管まで達すると配管の土手っ腹に太い根っ子が刺さるように合体状態です
もう迷う事無く木の根が原因に間違いないです
b0011006_952178.jpg

でも何やら様子が変です
木の根と一緒にシールテープが配管の継ぎ目にグルグル巻きになってます
どういう事でしょうか?
つまり施工時に継ぎ目から水漏れがあったけどシールテープでグルグル巻きにしてゴマ化したけど、漏れは止まらずその水を求めて根が侵入したと言う事なのだろうか
意を決して侵入箇所の少し下にノコを入れて5センチ程を輪切りにして中をむき出しにした
想像以上の根っこに驚愕‼
配管内は完全に埋まってます
b0011006_954775.jpg

根っこがまるで浄水器の中空糸フィルターみたいになってます
全部抜き取ったら直径8センチ長さ35センチぎっしり全部が木の根っこです(; ̄O ̄)
b0011006_962256.jpg

これじゃあ流れる訳がない
凄いね植物の生命力って奴は。
でもここには木は無いんですよ
一番近くの木でも7メートルは離れてるんですけど・・・
便器を外したり、パッコンバー買ったりしたのはまったくの無駄だったという事になりますね
でもスキルはそうとう上がりましたね
もうどんな詰まりでも解決出来そうな気がする
もう暗くなってしまったので、切った配管の修復は明日に持ち越しです
しかしこんなトラブルを業者に依頼したら何万円かかるのか考えただけで恐ろしい(^_^;)
ちなみに明日の修復用に買った塩ビ管と接着剤で合計586円です(^^)
[PR]
by dino-zoff | 2011-12-30 09:07 | DIY | Comments(2)

アルミ叩き出し その1

最近急に興味が湧いてきた事があるのです
それは「アルミ板の叩き出し」。
きっかけはNHK BSで放送した「熱中人」で見たアルミのピカピカの手作り飛行機なんです
作ったのは、もう還暦を過ぎた方なのですが、独学で自作の飛行機を作って空を飛んでしまうんですよね~
いやはやなんとも凄い。
ここまでは出来なくても自分のバイクの外装くらいなら作れるかもと。
しかもピカピカのアルミで作ったらカッコ良いよな~と。
というわけで取り敢えず最初なんで比較的難易度が低そうな自作のメーターバイザーをアルミ化して見る事に。

さっそく近所のホームセンターにアルミ板を買いに行きました
600㎜×400㎜サイズで1ミリ厚が1980円、1.2㎜厚が2980円とコンマ2ミリの差で1000円も違うんですね
とりあえず1ミリ厚を購入。
b0011006_0185273.jpg

元のメーターバイザーからおおよその型紙を取り、アルミ板を切り出す
1ミリ厚位だと金属も切れる強力なハサミを使って切る事が出来ました
b0011006_0185314.jpg

叩く物はプラスチックハンマーと普通の金づちです
両方とも打つ面が少しデコボコしていたのでサンダーで綺麗にしておきました
まず大まかな形をプラスチックハンマーで叩きます
元のメーターバイザーと見比べながら作業を進めます
b0011006_0185395.jpg

やはり金属を叩くので音はけっこう出ますね、ご近所に配慮してガレージの扉を閉め切って扇風機をビュンビュン回します
それでもこのカンカンガンガンは都会ではちょっとムリかな~

難しい所としては縦方向に丸みを付けて、後から同じ箇所に横方向にも丸みを付けようとすると縦の丸みが取れてきてしまうので叩き方に気を使います
b0011006_1335577.jpg

b0011006_1341550.jpg

b0011006_1343257.jpg

大雑把な形が叩けたらバイクに合わせて見てサイズ、形状を確認。
何だかひと回りくらいデカイ感じです
b0011006_0185498.jpg


b0011006_0185523.jpg


b0011006_0185580.jpg

上部と下部が明らかに長すぎなのでちょっとカット。
後はプラハンでデコボコな表面を金づちで叩いてならしていきます
ここでわかった事は叩く所を一定にして素材のアルミ板だけを移動して行くと非常に安定した叩き痕が付いて面が整うという事。
b0011006_0185536.jpg


b0011006_018568.jpg

さらに叩いては元のバイザーと比較し実車に当てがってバランスや各部の膨らみや形状の確認を繰り返します
後は最終的な形とサイズの調整です
アルミだとなんだか大きく見える感じがしますね~
全体にもう少し削ってみます

叩き出しの良いところは後からけっこう修正が出来るって所でしょうか
FRPだとこうはいきませんね
最初に決めた形状でほぼ決まってしまいますから。
アルミだと後からここをもっと膨らまそうとか平らにしようなんて事がすぐに出来る
これは凄いメリットですね

その2につづく
[PR]
by dino-zoff | 2011-09-06 22:58 | DIY | Comments(2)