<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スーパーカブ110のサイドバスケットの移動

サイドバスケットの取り付け位置を後方に10cmほど移動させました
もともとの位置はこちら↓です
b0011006_20393976.jpg

ちょっと前すぎですね
移動の方法は、バスケットに付いているボルト穴の空いたプレートを溶接を切って取り外し後方にずらして溶接しなおすというものです
バイク側のステーはそのままです
この画像の白い三角テープを貼った位置にプレートの穴が来るようにします
b0011006_20445970.jpg

まずプレートの取り外しですが、これがけっこうしっかり溶接されていてグラインダーで溶接部を削り取ってタガネで外そうとしたのですがバスケットの内側なので溶接部分を完全に削り取る事が出来ず、ちょっと苦労しました
再溶接も久しぶり&取り付け部が細いので、ちょっと溶けたりしてこちらも苦労しました
まあ何はともあれ移動完了。
b0011006_20454069.jpg

シルバーに塗装したらヘタクソな溶接跡もわからなくなっていい感じです
バスケットを後方に移動するとリアウインカーと少し干渉してしまうので後ろ側の取り付けボルトを長い物に変えてスペーサーをかまして対応しています
オリジナルの取り付け位置よりこちらの方がずっとすっきりと収まっている気がするのですがいかがでしょう?
b0011006_2047356.jpg


それと前のカブ50に付けていたナックルバイザー?を取り付けました
ウインカーとスクリーンのステーのボルトが少し干渉するのでナックルバイザーにカッターで少し切り欠きを入れて取り付けました
冬には必須の装備かと思います
b0011006_21113526.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2009-09-26 20:51 | スーパーカブ110 | Comments(0)

09 S-Force全国ミーティング@鈴鹿サーキット

09 S-Force全国ミーティングレポートっす

全国Mの翌日から忙しい日々を過ごしてまして、やっと休みになった昨日は朝から頭痛の為寝てまして、今日になってやっとレポ書いてます

9月11日(金)
ほとんど事前の準備が出来ずにいつのまにやら前日夜です
まあ財布とETCがあればなんとかなるか〜
しかし明日は雨との予報にあわててレイングッズを引っぱり出したり、着替え等を詰め込み22時30分には就寝しました

9月12日(土)
当日は午前3時に起床したのですが、やはり雨だと荷物やETCや携帯などなどに雨対策も施さねばならずバタバタしているうちに時間はどんどん過ぎていきます
とりあえず出発時点では雨は降っておらずスエードvansonジャケットに足元は中古ですが米軍のゴアテックスブーツをチョイスしました
湾岸幕張PA集合は午前4時30分なのに出発がほぼ4時。距離は40キロほどで一般道もけっこうありますのでとても間に合いません すまん
それでも新聞配達のカブくんに気を付けながら飛ばして15分ほど遅れて湾岸幕張PAに到着です
同行のちば〜ずの翔太くん、初参加初対面のしのちゃんが待っていました
挨拶と遅刻の言い訳をしたりして場を和ませて(本当か?)雨の心配をしつつ取りあえず最初の休憩ポイントの海老名SAまではカッパは着ないで行く事にしました
湾岸からレインボーブリッジを渡り首都高3号経由で東名に向かいます
しかし何回走っても首都高は苦手と言うか嫌いです(出来れば走りたくないな〜)
渋滞もなく6時ちょっとすぎに海老名SAに到着しました
誰かいるかな〜 と思ったらお久しぶりのちょうさんがいました
b0011006_16394579.jpg

しばし歓談しつつ腹ぺこの私達ちば〜ずは朝から吉牛で腹ごしらえとしました
バイクの所に戻ると老酒組の親分の老酒さんが渋い赤のNC31にショート管に赤のスイングトップというあいつとララバイばりの粋なスタイルで登場です
やっぱり男はカッコつけてなんぼでしょう!! 決まってます。
私も今回はショート管で来た事をさりげなくアピール。
でも刷毛で手塗りシルバーのショート管はかなりイマイチですね〜
やっぱり黒のつや消しじゃないとダメかな、鉄だから音は良いんだけど・・・ 
耐熱スプレー買います。

次の休憩の富士川SAまでは約100キロほどはフリーで走ります
途中で降るか心配でしたが取りあえずカッパは着ないで出発。
ほぼ降られる事なくSA導入口に来た所で降ってきました
屋根のある二輪駐車スペースに止めたとたんに大粒の雨、滑り込みセーフ。
この後かなりの雨で遅れて出発した老酒組はちょっと降られちゃってましたね
もう覚悟を決めてカッパを着込んで、給油して浜名湖SAに向かいます
浜名湖までの道程は降ったりやんだりって感じでしたが順調に浜名湖SAに到着。
ここから私たち「ちば〜ず組」は老酒組とは別れ途中のみえ川越ICで伊勢湾岸を降り一般道の23号を鈴鹿を目指します
昼飯にはこの日の第一の目的の鈴鹿市内の「あおき」さんでうなぎをいただく事です
iPhoneのマップでチェックしてあったのであまり迷わずに着く事が出来ました
お店は想像していたよりずっと庶民的で大衆食堂の様な感じです
あまり良くわからないのでネットなどで評判の良いうな丼の特上(五切れ)を私としのちゃんが、翔太くんがひつまぶしを注文しました
運ばれてきたうな丼は大きな塗りのどんぶりにごはんもうなぎもたっぷりです
でも上には四切れしか乗ってません。 と思ったらごはんの中に一切れ隠れてました
お味は、もう抜群に美味しいです ひさしぶりに美味しいうなぎをいただけて感激しました
外側の皮はちょっとパリパリと香ばしくて身の方は軟らかくタレはちょいと濃いめのタレですが私にはちょうどいい感じで至福の時を過ごす事が出来ました
b0011006_16412419.jpg

でもちょっと量は多すぎかもしれません
途中食べながら他のお客さんが注文するのを聞いていると中と言う声がやたらと聞こえます
中はうな丼の中でうなぎが三切れの事です
そうかここはうなぎの質が良いのが特上じゃなく量で決まるかんです
普通の人は中のうなぎ三切れがちょうどいいと思いますね 私も中で良かったかも。
満腹になったところでサーキットに向かいました
昨年とは違う方向からサーキットに向かったので交差点で少し戸惑いましたが実行委員に導かれ本部のある駐車場に到着。

さっそく受付し、名札をもらって懐かしい顔と歓談したりバイクを眺めたりと、早めに着いたのでのんびりと時を過ごします
西のソリタクちゃんをからかったり、海ちゃんが革の上下フル装備で来た事に感心したりして、私もvansonTCを着てくれば良かったと少し後悔したりしました
その後、開会式をすましチェックインして荷物置いたりして再びサーキット走行のため駐車場に戻ってしばらくすると大雨です
b0011006_16424718.jpg

本日一番の雨に私は心が折れてしまいサーキット走行を断念しました
「安全第一!」昨年走ったので良しとしましょう
b0011006_16435788.jpg


心が折れた数名の方達は先に宿舎に戻りロビーにて歓談タイムです
海ちゃんのバードとの楽しいお話に心躍らせ、楽しい時間を持てました
サーキットは走れなかったけど良い時すごせてこれはとっても良かったですね
その後サーキットで誰かが転けたらしい、いや前の走行かもしれないなどの不正確な情報に一喜一憂しつつ皆が帰ってくるのを待ちました
帰ってきた人に聞いたらdaiちゃんが転けたという事で心配してましたが、幸い超低速コーナーでオイルかなんかに乗ったようでバイクも体もたいした事がなく一安心です

その後は部屋に入り荷物を整理して夕食の焼肉バイキング会場に移動しましたが靴を履き替えてるうちにバスが行ってしまい一人遅れて歩いて行く事に。
パンフの地図を見ながら向かいますが生来の方向音痴の私はキャンプ場周辺でうろうろ、メンバーに発見されようやく会場に着けました 良かった〜。
焼肉は美味しくいただけたんですがなんせ昼のうなぎが多すぎてあまり食べられません
もったいないので別テーブルの飢えた若者に肉も野菜も提供しました

食事の後は入浴です
さっぱりと今日の汗を洗い流して露天風呂で心も解放されました

部屋に帰ってちょっとのんびりしてると他の部屋では宴会タイムに突入している模様。
お酒の飲めない私は気合いの入った呑み部屋はちょっと突入しましたが早々に退散し、ソリタクちゃんにメールで関西組はどこにいるのか訪ねるとロビーにて歓談中との事、ちょっとこちらに合流し親睦をはかりました
しかし寝不足と仕事疲れで明日が心配だったので12時すぎにはお別れし部屋に戻って就寝しました
9月13日(日)
朝はのんびりと7時ごろ起きて朝食バイキングに行き完全和食の朝食にしました
朝食後は少しぼけ〜っとした後、荷造りをしてバイクに積み込んで集合です
b0011006_16451751.jpg

みんなで揃いの記念Tシャツでの記念撮影や抽選会などがありました
b0011006_16464382.jpg

抽選会ではちば〜ずのしのちゃんが大物の扇風機を当てたのですが箱がかなりデカイので伊勢湾岸の風や長い道程が不安なのでコンビニから宅配便で送る事となりました(送料がちょっと痛かったかな?)
b0011006_16473918.jpg

ちなみに私はガンプラが当たったのですが子供がまだ小さかった頃に作って以来プラモデルって作ってないですね〜 時間に余裕が出来たら作ってみます

そして閉会式をして解散となりました
みなさんに愛想を振りまきつつ鈴鹿を後にしました
帰りは女性のさーさんを加えて4人組です
途中の伊勢湾岸で荷物を落としそうになりさーさんに教えていただきプチパニックになり、高速の路肩で荷を直したものの荷物が気になり過ぎて豊田で行き先を間違えてUターンするはめに・・・
皆さんご迷惑おかけしました まあ元々超方向音痴なんで実は良くある事だったりします
すっかり落ち込んだ私は浜名湖SAからはオールフリーで帰ってちょうだい宣言をしてしまいました すみません
この後、最後の最後でトラブってしまうので家が近い翔太くんとは一緒に帰った方が良かったかもしれません
その後は渋滞も思いのほかひどくなくてゆっくりペースで順調に帰りました
しかし首都高も走りにくかったけどレインボーブリッジに向かう所はなんか外に飛び出しそうで体がこわばってビビりモード全開で、後ろの車に「お願いだから煽らないでくれ〜」って心の中で叫んでました
ああいう所で飛ばしてる人って凄いよね 私なんて車でも怖いっす。
あと今回の走行で気が付いたのは普段仕事で乗っているスーパーカブのクセが出てしまう事。
ギアチェンジの時にアップなのに踏み込んでしまったり、クラッチ切らずにチェンジしてしまったりというのが何回かありました
ノークラッチでも回転数さえおかしくければ問題なさそうですけどね
日常のクセって出ちゃうんですね〜 

湾岸 幕張PAでちょっと休憩し出発直後ヘッドライトが点いてない事に気が付いた
でも今さらPAにも戻れず、しょうがないので左車線を遅いバスの後ろにピタッと張り付いて隠れるように走る事にしました
そしてバスだけを見つめて走っていたらバスと一緒に本来進まなければいけない東金方面ではなくバスと一緒に成田方面に行ってしまいました
バカですね〜
しょうがないのですぐに千葉北で降りて下道で帰る事にしました
しかしヘッドライトが点かないと困ります
止まっていろいろ試してみたらハイビームは点くんですね
そこでガムテープでヘッドライトの上半分をかくしてロービーム化して走る事にしました
これは大成功でまったく問題無しで家まで帰れると思ったのですが街中をすぎてあと20キロ余りのところで今度はハイビームまで点かなくなりました
もう駄目かと停止したのですがなんと反対車線側に閉店作業中のバイク屋さんです
九死に一生、超ラッキーとはこの事でしょうか
すぐさま飛び込んで事情説明しましたが自作バイザーを外してバルブ替えたりヒューズをみたりと手間取って結局は後付けで付けたヘッドライトのON OFFスイッチが悪さしてたようで直にカプラーを繋げたら問題なく点灯しました
ははは 恥ずかしい
でも閉店作業中に手間だけ取らせて申し訳なかったので点灯テストに使ったH4バルブは買い取りました
しめて4300円の出費。ちょっと痛かったっす。
ON OFFスイッチはもう外します
余分な物は付けないのがよろしいようで・・・

どっと疲れが増したのは言うまでもありません

これは今回の鈴鹿行き時のビートのショート管シルバー刷毛塗り仕様です
b0011006_16484850.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2009-09-21 16:51 | バイク | Comments(2)