FIAT500にETC 取り付け

FIAT500にETCをDIYで取り付けました(ヴィッツから外した物を移設)
みんカラなどのいろいろな方の取り付けリポートを参考にさせていただきました

ACC電源の確保はシガーソケット配線から
シガーソケット配線へのアクセスするにはまず足元のエアコン吹き出し口のパネル(左右)にあるネジを外します
左側はトルクス1コ、右側は手前にトルクス1コと奥にヘキサゴン2コです
b0011006_12582484.jpg

次にフロント、リア両方のドリンクホルダーの底のゴムを取るとナットが見えますのでフロントの2コ、リアの1コを外します
あとサイドブレーキ下の小さなフタみたいなのを取るとナットが奥にありますので普通の長さのレンチは届かないのでジョイントで延長して外しました
b0011006_1301577.jpg

そして最初にネジを外したエアコン吹き出し口のパネル(左右)を手前からちょっと強引にカバッと引きはがすと、左右に1コづつ
隠れていたトルクスネジが現れますのでこちらも外します
これでシガーソケットの収まっているパネルが浮きますのでちょっと持ち上げて下からのぞいて見えるコネクターを引き抜きます
あとはサイドブレーキをググッと引きながらちょっと強引にパネルを外します
すると配線が丸見え状態になります 線は3本(黄・灰/赤・黒)です
b0011006_1313422.jpg

事前に灰/赤がACCだという情報は知ってましたが、アース場所の確認も含め念のため検電テスターでチェック。
キーをひねるとテスターの通電ランプが点灯しACCの確認です
この灰/赤ラインから分岐させて電源を無事取り出せました
アースはサイドブレーキの根元のボルトに付けました
あとは配線を見えない様に外したパネルで隠れる所を通してヒューズボックス裏からグローブボックス天井の隠し扉?の中に引き込んでここにETC本体を設置しました

次はアンテナの場所ですがほとんどの車はフロントウインド上部に貼付けている様ですが、私はフロントウインドには出来れば付けたくありません
ヴィッツでも実証済みのダッシュボード内側に設置します
ヴィッツではセンターメーターのカバーが簡単に外れたのでそこの裏に貼付けましたがチンクはちょっと難易度が高そうです
オーディオやエアコン吹き出しパネルを外すには特殊工具が必要らしいし・・・
悩んだ末にグローブボックス下に這いつくばって下から内部を覗いたらダッシュボードの裏面が見えますね、これはここから手を突っ込んだら貼付けられる可能性大です
しかしなまじ体がデカイのでエビ反り状態で頭をこじ入れ、むりくり腕を突っ込んだりしていたら頭がクラクラして吐き気をもよおす始末 (^_^;)
でもここであきらめる訳にはいかないので奥さんと娘に補助してもらい、なんとかアンテナの貼付けに成功しました
b0011006_1323079.jpg

画像の赤丸の所の裏側です
はたしてこの場所でちゃんと反応してくれるのか、かな〜り心配ではあります
ちなみに本体は送料のみの無料品で音とランプだけで音声は無しのタイプです
b0011006_134599.jpg

この日はここで作業は終了です
しかし本当にゲートが反応するかが気になって翌朝に6時前に目が覚めてしまい居ても立っても居られずに朝飯も食べずに京葉道路の蘇我ICまでETCの動作確認に行きました
ここは一般ETC兼用ゲートがあり、しかも次の松ヶ丘ICまで100円で確認出来ますのでバイクもヴィッツもここで確認してます
いつもながらETCゲート通過時はかなりドキドキします
幸い後続車がいなかったのでゆっくりと動作音とゲートオープンを確認し通過出来ました
松ヶ丘ICで降りる時も何も問題無しでした
しかしこのアンテナ位置での動作の保証はありませんのであくまで自己責任と言う事でお願い致します
[PR]
by dino-zoff | 2010-03-28 13:13 | FIAT 500 | Comments(0)
<< FIAT500 マフラーカッター自作 自作シフトノブカバー >>