人気ブログランキング |

クロスカブ110 (JA45) 納車から1ヶ月ちょいで1000kmを超え印象をちょいと書いてみる。

納車から1ヶ月ちょいで1000kmを超えましたのでスーパーカブ110(JA07)との比較とかどんな感じか、印象をちょいと書いてみる。
b0011006_22324873.jpg
まず跨った第一印象はシート高が高い。
身長は178cmですが両足のつま先は付きますがかかとは付きません(^o^; 足を置く場所にもよるんだけどステップの外側に足を置くと足付きは非常に悪いと言わざるを得ません。

それから2月の通勤で走ってみてまず感じたのは寒いです。
朝の通勤時の0度前後の気温だとレッグシールドが無いので膝からももの辺りがジンジン冷えてきます。
もちろん上半身もデイトナのウインドシールドは幅も狭く高さも低めのため風の巻き込みがかなりあり上着に当たるので、じんわり冷えてきます。
何よりヘルメットにも風がビュンビュン当たるので顔も寒いし疲れます。
スーパーカブ110ではジェットヘルメットのシールドを半分くらい閉めれば十分でしたが、クロスカブでは全閉にしても隙間から風が入るし、シールドが口元に近づくので吐く息で曇るのも困りました。
もうちょっと大型のウインドシールド(風防)が欲しいし、足の防寒にレッグシールドもしくは他の対策を考えないと通勤が快適になりませんね。
クロスカブの走りの方はと言うと、ギヤの入りはもの凄くスムーズで何も問題ありませんが、各ギヤはあまり引っ張らないで早めに上げて行った方がスムーズな印象ですね。
スーパーカブ110はチョイ引っ張り気味の方がスムーズな気がしましたので少し違う感じがします。
車体の剛性って言うんでしょうか、しっかりと全体が引き締まった感じで安心感があります。
サスも非常に良く働いてくれて、今まで避けて通っていた道路のギャップも避けなくてもイヤな突き上げをかなり吸収してくれます。
踏切などの通過もスムーズになりました。
ハンドルが高い事によりコーナーの切り返しは非常にやりやすいです。
ハンドルもシートも高いのでやはりオフ車の様にちょっと身体を前傾気味にする方が運転がしやすい感じがしました。
しかしシートは厚みがあるのは良いのですが太ももの裏にカドが当たり太ももが非常に疲れます。
ステップにつま先乗りをして太ももを浮かせて乗ってもまだ少し当たります。
角を削るか別のシートを探すかしないと少し疲労がたまりますね。
何日か経過してステップや地面への足のつき方や方向を工夫したり慣れてきたのも併せて足の疲れは当初ほど感じなくなりました。

あと気になったのがウインカーとホーンの位置関係です。
スッと手を伸ばした場所にホーンスイッチがあり、ウインカーを操作しようとしてホーンを鳴らしてしまった事が、通勤中に何度がありました。
ウインカースイッチはホーンの下にありわざわざ指を下に下げないとスイッチ操作が出来ません。
これって慣れると違和感無くなるのかな?
まあハンドルカバーを付けているのでスイッチが見えないと言うのもあるのかもしれないけど····

やはりいちばんの変化はヘッドライトがLEDになった事。
ロービームは少し明るいくらいですが、ハイビームはかなり明るくなりましたし、届く範囲も広がり街頭が無い道路でも夜間走行がとても楽に安心になりました。

1000kmまでの間にいろいろと改良してみました。
まず寒さ対策にウインドシールドを大型の物に交換。
b0011006_22334556.jpg
これは遥か昔に父が乗っていたBMW K100RTと言うバイクを廃車する時にそのうち何かに使えるかもと保管していたシールドです。
非常にしっかりした物でクリーナーで磨いたら十分に使える透明度でした。
取り付けはデイトナのステーを利用して、だいたい同じ場所に穴を空けて固定しました。
b0011006_22331784.jpg
これだけでもかなりの防風効果はありますが更に前垂れを透明ビニールのテーブルクロスをカットしてボルト留めしました。
しかしフロントヘッドライト上の黄色のキャリア(ガード?)がビニールの前垂れと接触してしまいハンドルの動きを重くしてしまいます。
V字に切れ目を入れたり、シリコンスプレーを吹いて見たりしましたがやはり動きが悪いハンドルが重いです。
一週間ほどこれで通勤してみましたが動きが悪すぎて疲れてしまうので思い切って車体を改造。
b0011006_22343689.jpg
ビニールの前垂れと接触する部分のフロントキャリア(ガード)を思い切って金ノコでカットしちゃいました。
b0011006_22350349.jpg
椅子用の脚キャップなる物をホームセンターで1個52円で買って来て切断面にハメて完成。
b0011006_22360387.jpg
そんなに違和感ないよね〜
お陰様で超スムーズに動く様になりました。
これで下半身はももから股の辺りまでは風が弱まって防風効果はかなり感じられます。

このK100RTのウインドシールドは素晴らしいです。やはりこの質感はドイツのクラフツマンシップを感じずにいられません。
もちろん防風効果も絶大で多少の雨も伏せぎみにすればやり過ごせます。

あとサイドスタンドに手持ちのL字の鉄ステーを跳ね上げゴムのボルトに共締めして蹴り上げを容易にしてみました。
b0011006_22352539.jpg
無意識に足で払うと、うまい具合に当たって収納がラクチンになりました。

ちなみに500kmで最初のオイル交換をしています。
オイルはJA07と同じホンダ純正G2です。
今回はフィルターは換えてません。
オイルはほとんど汚れてませんでしたね、鉄粉みたいなのもほとんど見受けられませんでした。
今モデルから追加されたオイルフィルターが役目を果たしてるからでしょうか。
次は1500kmでフィルターも交換しようと思ってます。

by dino-zoff | 2019-03-09 22:46 | クロスカブ110 | Comments(2)
Commented by S at 2019-04-09 12:27 x
レッグシールドに関しては、今度出る白がノーマルポン付けでも違和感無いのは狙ったのかなw
後は塗るしかないもんねー
Commented by dino-zoff at 2019-04-11 20:58
> Sさん
どもです。 そうですね〜 新色の白ならレッグシールドがすんなり決まりそうですよね。
私もレッグシールドに関してはいろいろと考え中です。
<< CITROEN C3のタイヤ交... FIAT 500 4回目の車検 >>