カテゴリ:DIY( 101 )

草刈機の燃料タンク破損。交換。

台風9号の被害でウッドデッキの屋根が壊れてしまったのですが、ウッドデッキに置いていた草刈機などいろいろな物をガレージ内に避難させていました、かなり強引に押し込んだのですが、そのさいに草刈機の燃料タンクに圧力をかけてしまったようなのです。
いざ使おうと思い外に引っ張り出して燃料を補充したら下からドバドバと燃料が漏れました。
樹脂製のタンクを見ると大きな亀裂が数カ所あり、かなりの圧力がかかっちゃったみたいです。
ちょっと亀裂が大きすぎて修復は出来そうにありません。
燃料が混合ガソリンなので安易な修復ではさすがに怖いですからね(^_^;)
ならば取り替えかと思い、メーカーのタナカのWebサイトを見ますが、とても個人を相手に部品供給する雰囲気はゼロです。
しかたなく農機具屋などのサイトを徘徊しましたが、この業界はWebサイトの情報量が非常に乏しいです。
ヤフオクに同メーカーの機種違いですが、見た目は同一の中古タンクが2000円ほどで出品されていました。
2000円はちょっと高いな〜と思いさらにいろいろググっているとタンクだけホームセンターで取り寄せした人のブログがいくつか見つかった。
だいたい1000円〜2000円位らしく、しかも店舗取り寄せなので送料なども必要無し。
さっそく近くのカインズホームに電話すると、タナカの草刈機の取り扱いはないが来店して注文書に記入していただければ、タンクだけ取り寄せ出来ると思いますとの返事。
すぐに出向いて注文書に記入すると、もしかすると4000円位するかもと言われビビりましたが、価格がわかった時点で電話をくれるとの事で、それで OKだったら取り寄せって流れに出来るそうで、それで頼んで来ました。
一週間ほどで電話があり、取り寄せ出来ます、価格は800円台だと言うので、即答でお願いしました。
さらに一週間ほどで現物到着の連絡があり無事に新品のタンクを手に入れる事が出来ました。
さすが新品のタンクは真っ白でキレイです、ちなみに消費税を入れて894円でした。
ちょっと時間はかかりましたが安く手に入って良かった(^o^)v
タンクの交換はボルト3本だけで簡単ですが、燃料ホースのシールゴムがちょっと外しにくかったですが、さすが純正品、ピタッと収まりました。
b0011006_20413442.jpg

さっそく燃料を入れ直してプライマリーポンプをピコピコ押すと無事に燃料が送られてエンジン始動出来ました。
今回の修理も最小限の出費で済んで何よりでした。
[PR]
by dino-zoff | 2016-09-29 20:48 | DIY | Comments(0)

家電リサイクルの持ち込み処分をしてみた

7月にエアコンを取り替えて古いヤツはデッキに放置していたのですが、今度はリビングのプラズマテレビ(43型)に黒い帯が入ってしまいまして、やはり寿命でしょうね
次のテレビはどうしようか?と悩んでいたんですが、このプラズマはどう処分するかもついでに調べたら、ネットで新しく買う時にも家電リサイクル回収を頼めるみたいですが、リサイクル料金+収集運搬費と余計なお金がかかるのですね
自分で郵便局で家電リサイクル券の記入と支払いを行えば収集運搬費分は浮く事になります
それは自分でやらねば気が済みませんね
まず郵便局に行く前に調べておく事がありました。
製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金です。
リサイクル料金はメーカーやテレビの種類やサイズなどなどで違ってきますので下記の家電リサイクルセンターのサイトで確認して下さいね
http://www.rkc.aeha.or.jp/index.html

今回はエアコン(室内機・室外機)、プラズマテレビ(43型)、ついでにずっと庭に放置していたブラウン管テレビの14型と10型の計4点。
エアコンが972円、プラズマテレビ2916円、ブラウン管テレビ1836円が2つで振込手数料入れて合計で8000円ほどでした。
郵便局で用紙をもらって住所氏名、製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金を記入し払い込みをすれば残りのリサイクル券をくれます。
こいつを持って家電リサイクル指定引取場所として登録されている最寄りの業者に持ち込みます。
この場所も家電リサイクルセンターのサイトで調べられます
私は南総通運㈱の茂原支店が最寄りで11キロほどの所にありました。
超重たいプラズマテレビをFIAT500の後席を畳んで無理やり押し込み、その上にエアコン、ブラウン管テレビを重ねてギリギリ積み込み成功。やるじゃんチンク。
b0011006_14471812.jpg

いざ南総通運㈱。
場所は千葉市へと抜ける通称茂原街道沿いのねずみ坂の途中にあります、茂原支店となってますがここは長柄町なんですけどね〜
だだっ広い駐車場の一角に家電リサイクル指定引取場所のノボリを発見。
近くに留めるとすぐにおじさんが寄ってきて、「あちらの事務所でリサイクル券を出して下さい」と言われ、提出しておじさんと一緒にエアコンとテレビを下ろしたら事務所から出てきた方がテキパキとリサイクル券を下ろした物に貼付けて残りの用紙に指定引取場所印のハンコを押して終了です
やってしまえばなんて事ないですね。
製造業者等名コード、品目・料金区分コード、リサイクル料金を事前に調べておけば郵便局で手間取る事はないと思います。
[PR]
by dino-zoff | 2016-09-06 15:43 | DIY | Comments(0)

孫にハンコ

ハンコを彫りました。
ものすごくひさしぶりに道具を出して、字入れ、粗ぼり、仕上げとすべて手作業で順調にこなせました。
技術は衰えていない気がするんですが、目が衰えています。
老眼鏡プラス拡大鏡のダブル補正でやっと細い所が見えるんですから、ハハハ(^o^;
ちなみに印材は象牙です。
b0011006_18431723.jpg
b0011006_18431988.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2016-08-18 18:37 | DIY | Comments(0)

デッキライトの移動&エアコン配管仕上げ。

先日のエアコン取り付けの仕上げで配管カバーなどしていたら、デッキのライトの位置が気になってしまった。
このライト、デッキに屋根を作るずっと以前に日除けの為にデッキにテントタープを設置していた時にタープ屋根の下に収まるよう移動したのですが、タープが無くなると低過ぎで邪魔なのです。

気になった時がやり時なので早速作業開始。
まず壁とのコーキング部分をカッターで切り込み入れますが、けっこう念入りにやってあって我ながら無駄な所を一生懸命やってるなと思ったり(^_^;)
配線の延長部分も無駄に凝った繋ぎで外すのが面倒だった(¯―¯٥)
全部外してバラしたらベースの鉄板が超サビサビでこっちの方がコーキングが必要だった様な。
サビを落として塗装したら何とか再利用出来た。
あとは汚れを落として再度組み上げて設置。
サビてボロボロになった取り付けネジはステンレスに変更。
b0011006_17210923.jpg

もうデッキには屋根があるのであんまりサビは出ないと思うけど。
無事に点灯も確認。
ほぼ、日中ずっとデッキにいたな〜(^_^;)
[PR]
by dino-zoff | 2016-07-17 17:18 | DIY | Comments(0)

YチェアをPPバンドを使って張り替え修理

2014年に革で張り替えしたYチェアですが前側の縫い目から切れてきてしまいました。
革は穴を空けて縫っていますので、やはり体重に耐えきれなかった様です。

オリジナルのペーパコードでの張り替え依頼も考えましたが15000円〜20000円くらいするらしいし(^_^;)

やっぱし自分で何とかする事にした。
今回の縫い目から裂けた原因は革のみの直張りの為に予想以上に縫い目に負担が来たようなので、革のみで張るのじゃなく内側を強化する事に。

そこで荷物の梱包に使うPPバンドを張り巡らせて強度を出して、その上から革を張ってPPバンドは見えないようにします。
もし見えても目立たぬようにamazonで薄いブラウンのPPバンドとストッパーを購入、1020円なり。

PPバンドだけでも座れるくらいのテンションと間隔で張り、革はテンション低めであまり負担をかけぬように張りました。
b0011006_20301557.jpg

前回の張り替えでは木の角の部分がもも裏に当たってしまって違和感があったのですが今回はPPバンドのお陰でオリジナルと遜色ないクッション性能になった気がします。

今度こそ長持ちするといいなぁ(^_^)v
[PR]
by dino-zoff | 2016-06-05 19:47 | DIY | Comments(0)

革のスマホケース(ポーチ)制作

ひさびさのレザークラフト。
なんとなく新しいスマホ用にケースを作った。
b0011006_21125338.jpg

裏に小銭入れとSuicaなどが入るカード入れ付き。
手持ちも出来るしベルトに下げる事も出来ます。

ネットで見かけた良さげな画像から、あーでもないこーでもないと、サイズや構造を想像しながら作るのが楽しいんですよね。
[PR]
by dino-zoff | 2016-01-24 21:14 | DIY | Comments(0)

ガレージの橋の架け替え

バイクガレージの出入りに使っている自作の橋なのですが老朽化で一部が腐食して割れて危険な状態になってしまいました。
橋の下は農事用の用水路です。
最初の橋は2002年に知り合いのリフォーム屋さんに作っていただいた物で全部木製でした。
2008年5月にも木材が腐食してしまい、この時は足場パイプをベースに改良補修していました。

まずはバラして現状把握です。
b0011006_23495034.jpg

マズイですね、思ったよりイカれてますね。
2×材はダメなものが多いし、肝心カナメの土台部分を支える4本のアンカーの内の1本が抜けてたし、アンカーに留めてあった2×材なんて腐食で半分の厚みになってる。
この板は最初から替えてないので13年たってますから、良く頑張ってくれたものです\(◎o◎)/
はじめは補修でもいけるかと思ってましたが、補修というレベルではとても無理な事がわかり新規に作り変える事にしました。

新規の橋もベースは単管パイプ(足場用)ですが、板は木製はやめて、スチールの足場板を使用します。
足場板2mが8枚、単管パイプの2mが6本、あとは接合金具です。
b0011006_2351013.jpg

単管パイプと足場板を接合する為に足場板に14ミリの穴あけを1枚に付き3ヶ所で計24ヶ所。
壁面に固定する鉄のアングル材のアンカー通す穴も14ミリで4ヶ所です。
でもこの穴あけがちょっと厄介でした。
手持ちのドリルビットは12ミリまでしかないのでホームセンターに見に行ったら、14ミリは4000円もするんです(^_^;)
他に何かないかと探すとステップドリルと言う、空いてる穴を少し広げる円錐状の物が2780円でありました。
これでもちょっと高いけどこれしかないですね、貯まってたポイントを200ポイント使って2580円で妥協です。
早速、足場板から穴あけ。
b0011006_23515840.jpg

まずは5ミリの下穴、次に12ミリ広げて仕上げにステップドリルで14ミリに仕上げました。
24ヶ所ですからこれだけでかなり時間をくいました。
次のアングル材の穴あけは卓上ボール盤を使いました。工程は同じですが、仕上げのステップドリルで広げようとすると途中で止まります(^_^;)
b0011006_23523435.jpg

足場板の穴あけでステップドリルが少し摩耗してるのもありますがアングル材は厚いんですよね〜
どうしようか悩んで、いまさら14ミリのドリルを買うのもアホくさいし。
ドリルの摩擦抵抗が強すぎて止まるんだから油を付けたら上手くいくかもと思いエンジンオイルの余りを付けてみました。
大正解です。
上手く削れて穴あけ出来ました(^^)
切削油は大事ですね。良い勉強になりました。

壁面のアンカー用の穴をコンクリートドリルで空けます。
ガレージを作る時にアンカーを打ったのでコンクリートドリルは自前で持ってます。
振動ドリルは貰い物ですが持ってます。
だがしかし、アンカー穴は一筋縄ではいきませんでした。
アングル材を当てて穴の位置をマーキングしたんですが、凸凹のある装飾ブロックに正確に穴が空けられるわけもなく微妙なズレが・・・
案の定アンカー打ったらアングル材がはまらない(ToT)
しょうがなくズレに合わせて穴を広げると言う余計な作業を追加。
b0011006_2359496.jpg

なんとかアングル材の取り付け完了(^_^)v
あとは単管パイプと足場板を組んでいくだけです。
単管と足場板の接合にはホームセンターで見つけた金具を使用します。
b0011006_025292.jpg

本来の使い方は違うみたいですがちょっとアレンジしたら簡単で強度も出て一石二鳥でした。
お陰で単管同士を組むために買ったクランプはムダになってしまいました。
b0011006_042454.jpg

b0011006_044739.jpg

思い描いた通りの物が出来て大満足です。
ちなみに作業日数は5日間くらいかかりました。ほとんどが加工と下準備ですね。
これで10年は保つかな〜
[PR]
by dino-zoff | 2015-12-30 00:11 | DIY | Comments(2)

ラパン補修

10月に納車されたばかりの娘のラパンですが、さっそく勤め先の駐車場で壁に擦って派手にキズを作ってしまいました。
b0011006_1213131.jpg

まあずっとペーパードライバーだったのでしょうがないでしょう。
またやらかす可能性もあるので本格的な補修でなく、私がテキトー補修をいたしました。
良く見るとドア部分の白い跡はほとんど壁の塗料が付着しているだけでコンパウンドなどなど駆使してキレイに消えました。
タイヤ周りの派手に鉄板が見えてしまった部分は、以前のオーナーがここを派手に擦ってパテ埋め補修をしたみたいで、そのパテがばっさり剥がれた事がわかりました。
ドアが塗料が付いただけなのにタイヤ周りだけ鉄板が出ちゃってたのはこのせいで、案外軽度の擦れだったようです。
b0011006_1214745.jpg

b0011006_12162048.jpg

補修はパテ埋めして、相当にアバウトに削ってタッチアップで塗っただけ仕様で近寄ったらテキトーがバレバレですが、遠目で見ればOKと言うことで終了です。
[PR]
by dino-zoff | 2015-11-29 12:23 | DIY | Comments(0)

草刈機。今度はキャブ清掃。

先日、修理した草刈り機ですが、まだまだ完調とは言えずどこからかガソリンが漏れています。
エアフィルターのフタを開けるとフィルターが濡れてます(ーー;)
オーバーフローってやつですね
ネットで調べるとキャブの分解清掃で直るらしい、ダメならダイヤフラムやらガスケット類の交換なのかな。
まずエアフィルターカバー内のネジ2本を外すと、もうキャブの全体が外れますね。
b0011006_1731785.jpg

プライマリーポンプやらアクセルワイヤなどバラしていき、汚れなど各部をキャブクリーナで清掃、
b0011006_17171652.jpg

ダイヤフラムもガスケットも特に問題ないと思います。たぶん(^^;;
あとは元通り組み直します。
あとガソリンを吸い上げるチューブ類もカチカチに硬くなっていたので交換、これは安かった。
b0011006_1764013.jpg

b0011006_1711734.jpg

ついでに安物(498円)ですが新しいチップソーに交換しました。
b0011006_179985.jpg

早速スターターを引っ張りますが、なかなか掛からない。
プライマリーポンプにもガソリン来てるし・・・
でもしばらくしたら無事掛かりました〜 良かった。
しかもガソリンも漏れてません 素晴らしい。
試しに近くの空き地から道路にはみ出している草が邪魔くさいので刈ってみました。
b0011006_17143380.jpg

やっぱ新しいチップソーは切れ味バツグンで、あっという間にキレイになりました。
[PR]
by dino-zoff | 2015-10-03 17:15 | DIY | Comments(0)

裏のスペースの整地

最近まったく放置して雑草だらけ&表の庭の余った土や廃材の放置場所となっていた家の裏のスペースの整地をしました。
b0011006_2203383.jpg

最初から植えてあった木を6本ほど撤去。
根っこがしぶといのが2本ほどあって、そいつが排水の塩ビ管に隣接していて塩ビ管を割らないように抜くのがかなり大変でした。
b0011006_223072.jpg

それと木の周りに装飾ブロックがたくさん埋まっていてビックリした
少し花壇の様にしていた時期があったのを思い出しました(^^;;
埋まってしまうと記憶から消えちゃうんですね〜
余計な土がたくさんあって排水枡の所だけが低くなっているので排水枡用のアジャスターをはめて5センチのカサ上げをしてだいたい同じ位の高さに調整。
b0011006_229710.jpg

b0011006_2292227.jpg

エアコンの室外機も埋まりそうだったので下にブロックをかませて、こちらもレベルを上げました。
これでなんとか普通に歩ける感じです
b0011006_2211944.jpg

最初はここに脚立と二段ハシゴの保管場所を作るつもりでしたが、なんかもっといい案がないかと、このスペースの有効活用を考え中です。
[PR]
by dino-zoff | 2015-09-23 22:12 | DIY | Comments(0)