カテゴリ:DIY( 101 )

またまたトイレトラブル!

二度あることは三度あるのことわざ通り、三たびトイレの詰まりが発生しました。
水を流すと満タンに溜まってゆっくりと引いて行くと言う感じです
前回使用したパッコンバーも今回はまったく役に立たずでいくらやっても同じ状態。
またも便器を外していろいろ試みるも開通のきざし無し。
しょうがないので、便器側からビニールの紐を水と一緒に流して外の排水枡の所に出て来たら紐の上部にタワシみたいの付けて引っ張ってみようと思ったのですが、いくら水を流してもビニール紐が出て来ません。
おかしいと思って排水枡から針金の先端を曲げた奴を突っ込みビニール紐を引っ掛けようと引いたり押したりしてましたがビニール紐は一向に引っかからず、しかし何度も試みるうちに細い木の根の様な物が引っかかってチョロチョロ出てくるようになりました。
まさか排水管に木の根が入り込んでいるのか?
嫌な予感 ‼
でもやるっきゃない。
排水管が埋まってると思われる場所をシャベルで掘ってみます
掘り始めてすぐに無数の木の根がそこいら中にあって掘りにくいほどです
目的の配管まで達すると配管の土手っ腹に太い根っ子が刺さるように合体状態です
もう迷う事無く木の根が原因に間違いないです
b0011006_952178.jpg

でも何やら様子が変です
木の根と一緒にシールテープが配管の継ぎ目にグルグル巻きになってます
どういう事でしょうか?
つまり施工時に継ぎ目から水漏れがあったけどシールテープでグルグル巻きにしてゴマ化したけど、漏れは止まらずその水を求めて根が侵入したと言う事なのだろうか
意を決して侵入箇所の少し下にノコを入れて5センチ程を輪切りにして中をむき出しにした
想像以上の根っこに驚愕‼
配管内は完全に埋まってます
b0011006_954775.jpg

根っこがまるで浄水器の中空糸フィルターみたいになってます
全部抜き取ったら直径8センチ長さ35センチぎっしり全部が木の根っこです(; ̄O ̄)
b0011006_962256.jpg

これじゃあ流れる訳がない
凄いね植物の生命力って奴は。
でもここには木は無いんですよ
一番近くの木でも7メートルは離れてるんですけど・・・
便器を外したり、パッコンバー買ったりしたのはまったくの無駄だったという事になりますね
でもスキルはそうとう上がりましたね
もうどんな詰まりでも解決出来そうな気がする
もう暗くなってしまったので、切った配管の修復は明日に持ち越しです
しかしこんなトラブルを業者に依頼したら何万円かかるのか考えただけで恐ろしい(^_^;)
ちなみに明日の修復用に買った塩ビ管と接着剤で合計586円です(^^)
[PR]
by dino-zoff | 2011-12-30 09:07 | DIY | Comments(2)

アルミ叩き出し その1

最近急に興味が湧いてきた事があるのです
それは「アルミ板の叩き出し」。
きっかけはNHK BSで放送した「熱中人」で見たアルミのピカピカの手作り飛行機なんです
作ったのは、もう還暦を過ぎた方なのですが、独学で自作の飛行機を作って空を飛んでしまうんですよね~
いやはやなんとも凄い。
ここまでは出来なくても自分のバイクの外装くらいなら作れるかもと。
しかもピカピカのアルミで作ったらカッコ良いよな~と。
というわけで取り敢えず最初なんで比較的難易度が低そうな自作のメーターバイザーをアルミ化して見る事に。

さっそく近所のホームセンターにアルミ板を買いに行きました
600㎜×400㎜サイズで1ミリ厚が1980円、1.2㎜厚が2980円とコンマ2ミリの差で1000円も違うんですね
とりあえず1ミリ厚を購入。
b0011006_0185273.jpg

元のメーターバイザーからおおよその型紙を取り、アルミ板を切り出す
1ミリ厚位だと金属も切れる強力なハサミを使って切る事が出来ました
b0011006_0185314.jpg

叩く物はプラスチックハンマーと普通の金づちです
両方とも打つ面が少しデコボコしていたのでサンダーで綺麗にしておきました
まず大まかな形をプラスチックハンマーで叩きます
元のメーターバイザーと見比べながら作業を進めます
b0011006_0185395.jpg

やはり金属を叩くので音はけっこう出ますね、ご近所に配慮してガレージの扉を閉め切って扇風機をビュンビュン回します
それでもこのカンカンガンガンは都会ではちょっとムリかな~

難しい所としては縦方向に丸みを付けて、後から同じ箇所に横方向にも丸みを付けようとすると縦の丸みが取れてきてしまうので叩き方に気を使います
b0011006_1335577.jpg

b0011006_1341550.jpg

b0011006_1343257.jpg

大雑把な形が叩けたらバイクに合わせて見てサイズ、形状を確認。
何だかひと回りくらいデカイ感じです
b0011006_0185498.jpg


b0011006_0185523.jpg


b0011006_0185580.jpg

上部と下部が明らかに長すぎなのでちょっとカット。
後はプラハンでデコボコな表面を金づちで叩いてならしていきます
ここでわかった事は叩く所を一定にして素材のアルミ板だけを移動して行くと非常に安定した叩き痕が付いて面が整うという事。
b0011006_0185536.jpg


b0011006_018568.jpg

さらに叩いては元のバイザーと比較し実車に当てがってバランスや各部の膨らみや形状の確認を繰り返します
後は最終的な形とサイズの調整です
アルミだとなんだか大きく見える感じがしますね~
全体にもう少し削ってみます

叩き出しの良いところは後からけっこう修正が出来るって所でしょうか
FRPだとこうはいきませんね
最初に決めた形状でほぼ決まってしまいますから。
アルミだと後からここをもっと膨らまそうとか平らにしようなんて事がすぐに出来る
これは凄いメリットですね

その2につづく
[PR]
by dino-zoff | 2011-09-06 22:58 | DIY | Comments(2)

ジャガイモ収穫

先日の日曜日うちの庭に作ったプチ畑でジャガイモの収穫をした
思ったよりたくさんで来ていて、大きいのから小さいのまでトータルで6.5kgほど獲れました
まあたいした手入れじゃないけど、いちおう自分一人でやったのでけっこう嬉しいもんですね
ほんのちょびっとですが農家さんの気持ちを感じられたかな
b0011006_23475430.jpg

[PR]
by dino-zoff | 2011-07-19 23:39 | DIY | Comments(0)

トイレのトラブル

我が家は1階と2階にトイレがあるのですが、1階のトイレが詰まりぎみになってました
最初は詰まり除去用の真空式パイプクリーナーっていうゴムの吸盤のデッカイやつみたいな物を買ってきてなんとかならないかやってみたのですが
何度も試しますがどうもうまくいきません
水を軽く流しただけでもずんずん水が溜まって大量に流したら溢れそうです
次はワイヤーを突っ込んで詰まりを取るパイプクリーナーを便器に突っ込んで詰まり除去を試みますが内部がかなり曲がっているので
ある程度入るとそこからはどうやっても先に進まずで、たいした効果もなくこちらも終了。
このパイプクリーナーは百円ショップの超安物なのでやっぱこれじゃあダメでしょうか(;^_^A

どうも便器内の詰まりでは無さそうな気配なのでネットにていろいろと検索すると後は便器を取り外してみるか、逆に外の排水升から高圧洗浄機の配管詰まり除去用の専用ノズルを購入して挿入すると言う本格的な作業をしなければダメそうです

幸い高圧洗浄機は先日買ったばかりなのでいいのですが、専用ノズル持ってませんので購入するとなると金額の事もありますので最終手段とする事とします
あとお金をかけないで出来る事は便座外してみる事しか無いのですが やるしかないですね チャレンジっす。

まず便器内の水を灯油ポンプで抜いて水タンクも空にしました
止水栓をマイナスドライバーで締めて、洗浄便座も外したら給水関係の配管を外して水タンクの底のネジを外してよっこらしょと持ち上げて外します
陶器で出来ているので空でもけっこう重いですね 

次は便座なのですが、床に留めてある手前側のでかいナットがありえないぐらい錆びてしまってます
b0011006_17141811.jpg

ドライバーやらいろいろ使ってなんとか六角の形状がわかる状態にしてレンチで回してみました
くるくると回りはしますがまったく緩んできません
底側のボルトが一緒に回ってるようです
見えない底側のボルトも錆びてしまって、まわり止めが機能してないようです
奥側のボルトナットはステンレスなのでまったく綺麗な状態で問題無いのでなぜ手前側もステンレスにしなかったのか意味がわかりません

こうなったらやるしかないですね グラインダーでボルトナットを切断します
後の事はわかりません まあ何とかなるでしょう(^_^; アハハ…
善は急げ ギュイーンと一気に切断。
あっけなく外れましたよ 便座くん。
b0011006_17153039.jpg

便座を外に持ち出してひっくり返して観察、水を流すも普通に流れます
やはり便座ではなく下の排水管の様ですね
1階便所のすぐ外に排水升は四つ並んであるのですが水を流して観察すると2つ目の升が1階便所用らしいですが角度からすると途中で少し曲がっているみたいで
そこが詰まりの原因ではないかと思われます
がしかし またもやパイプクリーナーもうまく通りません 安物はダメですね
そこで思いついたのがコンプレッサーでエアーを送ったらどうかと、まあダメでもともと早速チャレンジ。
水を少し投入してエアーを吹いてみますが水が飛び散るだけでうまく行かない
次はゴム手袋で隙間を塞いでエアーを吹いてみるとガポガポッ ジョワーとなんか良い感触 キターーーー!

外に出て排水升を確認すると詰まりの元のカタマリを発見(食事中の方ごめんなさい)
ついに除去成功です
バケツで水を流してもスースー通ります 素晴らしい

あと問題は切断したボルトナットですが近くのホームセンターでステンレスのボルト75円を2本と30円のナット2ヶを購入
b0011006_17162370.jpg

小加工して取り付けまして 210円の出費で済みました
いや〜 やっぱなんでもやってみると出来ますね
b0011006_17165376.jpg

あのボルトナットが錆びてなかったらもっと楽だったんだけど まあ良い勉強になりました
[PR]
by dino-zoff | 2011-01-22 17:21 | DIY | Comments(2)

アンテナ移設しました〜

なんとか成功しましたが大変でした

まず降ろそうと思いましたが手持ちの脚立では届かず、ホームセンターで2段はしご購入。
奥さんに支えてもらいながら、落下の恐怖にビビりながらもロープを使ってなんとかアンテナを地上に降ろしました。
b0011006_20165528.jpg

目の前で見るとアンテナってかなりデカイです
b0011006_20172628.jpg

降ろす為に配線も全部切ってしまったので一時的にテレビがまったく見れない状態になりました
地デジのアンテナ線もここのブースターを経由してたのです
パラボラ移動前に地デジだけ見られるように切った所を専用の中継コネクターで繋ぎましたが映りません
いや〜 超焦りました
ガレージ側に移動する為に線を長くしたのでその為かとかいろいろ考えましたが原因は中継コネクターの取り付けミスでした
中線の長さが足りていなかったようで、説明書通りにカットしてやり直したら大丈夫でした

VHFとUHFアンテナをバラして支柱とパラボラだけ再利用
隣近所のパラボラの取り付け位置や角度を見るとマイガレージの屋根上から支柱を立てればなんとか受信出来そうな予感。
屋根に乗っかって支柱に付けたパラボラを手持ちで電波探しです
奥さんにテレビを見てもらいながらガレージ屋根上で受信可能な事が確認出来ました
これで落下の恐怖と戦う事なくアンテナ設置が出来ます

結局、ガレージ屋根から手の届く我が家の角の壁に取り付ける事にしました
取り付け金具はアルミの板をカットして自作です
b0011006_20193315.jpg

角度調整はけっこう微妙で取り付けネジをちょっと強く締めただけで角度が変わって受信出来なくなったりでかなり苦労しました

それでもなんとか元通りに見られるようになったのでホッとしました
[PR]
by dino-zoff | 2010-11-14 23:07 | DIY | Comments(0)

アンテナが折れました

先日(11月9日)の強風でアンテナの根元が折れました
錆びていた為と思われます
幸い屋根側に倒れたので落下はせず屋根上に乗っている状態っす(^_^;)
b0011006_2035614.jpg

地デジはもう別のアンテナを設置していたので大丈夫なのですがBSはこのアンテナを利用していたので現在BSが見られずにいます
上部のVHFとUHFはもう使用していないので良いのですがBSのパラボラは生かしていたのでこれをなんとかしないといけません
とりあえず屋根から降ろさないとまた風が吹いて落下なんて事にもなりかねません
あしたなんとか頑張りたいと思います

BS無いとサッカー見れないしな〜
[PR]
by dino-zoff | 2010-11-13 20:04 | DIY | Comments(0)

卓上ボール盤ゲット~‼

先日親戚から不要になった卓上ボール盤を頂きました
前からすごく欲しい物だったので超うれしいです
でもちょっとだけ問題ありまして、スイッチボックス部分が割れててブランと垂れ下がっちゃってます
b0011006_9152485.jpg

スイッチをonにすると動きますが、ぶら下がったスイッチボックスを動かすと止まったりするので接触も良くないようです
早速修理にかかります
良く観察するとスイッチボックスの裏にある取り付けステーが折れてしまってます
b0011006_920257.jpg

まあこれはプラスチックなのでしょうがないかな
折れた部分を接着しようとも思ったのですが、あまりに貧弱な作りで接着じゃあ強度も期待出来ないので新たにステーを作る事にしました
前に何かで使った鉄製の汎用ステーがあったのでカットしたり曲げたりすれば出来そうな感じです
ネジ穴位置を確認して目分量で印を付けてカットしたり曲げたり、スイッチボックスの取り付け部分を削ったりなどして加工。
b0011006_921914.jpg

穴空けには早速この卓上ボール盤を使いました
やっぱり卓上ボール盤は良いですね~
キレイにそして簡単に穴空けが出来ます
手持ちドリルじゃこうは行きません
あとスイッチの動作不良はスイッチボックスがぶら下がっていたためカプラー部が緩んでいたようでキチンとはめ込んだらその後は快調に動作します
ステーはタッピングビスでちょっと強引に取り付けしましたが見た目はともかく、ネジ位置も問題なく無事に収まりました
b0011006_923823.jpg

b0011006_9262513.jpg

ついでにガレージ内に置き場所も確保しなければいけません
なんせ物がいっぱいで作業場所はおろか置き場所も無い状態です
いろいろ考えた結果、コンプレッサーの向きを変えれば空いたスペースに置けて、なんとか作業も出来そうです
b0011006_923498.jpg

b0011006_9244147.jpg

置き場所も直置きでは作業もしづらいので2×材の端材などで小さな台をテケトーに作りました
暑い日中の作業はちょっと大変でしたがこういう事は好きなので楽しんで出来ました
なんとか上手く収まった様な気がします
これでますますDIYで出来る事が増えたのですご〜く嬉しい
何か作るのも楽しいのですが工具や機械って持ってるだけでもうれしいんですよね
DIY好きにしかわからないと思いますけど・・・
[PR]
by dino-zoff | 2010-09-12 09:27 | DIY | Comments(4)

FRP補修

カブのFRPのリアボックスの中古品を格安で手に入れました
自分のではなく同僚のなのですが、現在使用中のHONDA純正プラボックスがバキバキに壊れてきてしまったためです

このFRPのリアボックス新品だと2万円近くするんです
それが送料入れて3500円ほどで手に入りました
もちろん安いにはそれなりの理由がありまして、上部ヒンジ側のかど部分に転倒によると思われる亀裂です
それなりに大きな亀裂(約6センチ)なので雨水の侵入や開閉時や走行の振動でさらに広がる事も考えられます
なので修復を試みてみました
まあ以前にCBのバイザーを作った時の残りの材料があるので時間さえ作れば問題なさそうです
b0011006_11245489.jpg

さていざやろうと思ったら硬化剤だけ蒸発してしまったのか空っぽになってましたのでこれだけ購入。

亀裂まわりをグラインダーやペーパーで研磨し、亀裂に合わせてカットしたガラス繊維を当てて硬化剤を入れた
ポリエステル樹脂をハケで塗り塗り、なるべく気泡が残らないような感じで悪戦苦闘・・・

ついでに自分のボックスの亀裂も補修  チクチク塗り塗り (^_^; アハハ…
このガラス繊維が肌に付くとチクチクするんですよね〜

そうこうして20〜30分もするともう固まってきてます
まあなんとか補修は出来てますがデコボコでちょっと繊維も飛び出しちゃったりしてます
ちょっとこれではなんともぶ格好なのでグラインダーでちょちょいと表面をならして
再びポリエステル樹脂のみ再度塗り塗りしてみました
そしたらなんかいい感じです
光りにかざすとそこだけ半透明で修復部が実感出来ますね
b0011006_11251621.jpg

開閉時のたわみもなくなり使用にはまったく問題無いようです

いや〜FRP工作は楽しいです
これでなんかFRP熱が再燃したような感じです なんか作りましょうかね〜
[PR]
by dino-zoff | 2010-07-31 11:25 | DIY | Comments(6)

革のトートバッグ

久しぶりにレザークラフトをしました
作ったのは奥さんからのリクエストで革のトートバッグです
b0011006_1572944.jpg

ピアノのテキストを入れるレッスンバッグにするそうです
サイズはA4のテキストが横に入る、タテ26㎝、ヨコ33㎝、幅10㎝と自分としてはちょっと大物です
形としては単純なので難しくはないですが、縫う所は多いので労力はそれなりにかかるので出来上がった充実感はけっこうあります
b0011006_15105753.jpg

型紙と花の形に切り抜いた革の飾りは奥さん担当です
革はこげ茶の薄手の物でだいぶ前に革のハギレ屋さんで安く買った物で1000円とか2000円とかその程度の値段だったと思います
b0011006_1513312.jpg

それと今日は来るべき、FIAT500(チンク)にETCを移設する為にヴィッツ君から取り外しました
2年ほど前の事なのにオーディオまわりをどうやって外したのか良く覚えてなくて、自分のブログを見直したりネットで検索したりしてようやく取り外せた。
改めて自分の記憶力のなさ(老化)に情け無くなりました
さあこれで準備完了。チンクが納車されたら楽しいETC取り付け作業をがんばります
[PR]
by dino-zoff | 2010-03-07 15:14 | DIY | Comments(0)

ロックミシンの修理

うちの奥さんも洋裁が得意ですが母上(私の義母)も得意なので2人とも職業用ミシンとロックミシンを所有しています
その母上から愛用のロックミシンが動かなくなったので見てほしいと頼まれました
b0011006_1629595.jpg

はたしてミシンなんて素人が手を出せる物なのか不安になりつつ、まずは現状を把握です
コードを繋いでフットスイッチを押しますがまったく反応無しでうんともすんとも言いません
どこかが引っ掛かるとかそういうことでなくモーター自体が動かないようです
ミシンのライトは点灯するのでコードの断線ではないようです
だとするとやっぱりモーターかな〜?
カーバーを外してモーターを露出させてみました
b0011006_16312788.jpg

とりあえずベルトは切れてなかったのでこれは問題無し、やはりモーター本体が怪しいですね
ここでミシン関係で以前からいろいろ購入している「ビクター産業」http://victor@victorkk.com/さんのサイトでモーターの値段を見てみたら6000円〜7000円くらいです
まあこれくらいで直ればいいかなと思っていろいろサイト内を見ているとモーターのカーボンブラシが摩耗するとモーターが動かなくなると書いてあります
そうですね モーターはカーボンブラシで電気を伝えているんでしたね
知ってはいましたがすっかり忘れてました
さっそくモーターのカーボンブラシの点検です
ネジを外してカーボンブラシを取り出してみると2個とも見事に限界以上に摩耗してバネ部分まで削っちゃってます
b0011006_16343049.jpg

これはまちがいなくカーボンブラシが原因のですね 
原因がわかった上にカーボンブラシの価格が1個100円という二重の喜びです
さっそくオーダーしましたら4日ほどでメール便で到着。便利ですね〜
いやー新品と比較するとその違いに唖然です
b0011006_16353714.jpg

よくこんなに使ったもんですね〜
うちの奥さんのロックミシンの方が古いのですが元気に動いていますのでお母上のハードな使用状況がうかがえます
b0011006_16363538.jpg

さっそく新品に交換し、コードを繋いでモーターの動作テストの為フットペダルをちょっと押すとウソみたいにビュンビュン回ります
いや〜 良かった良かった。
こんな修理でもミシン屋さんに頼めばウン千円、へたすると一万円以上とられるかもしれません
これでこのロック君もまたこれからバリバリと働ける事でしょう
[PR]
by dino-zoff | 2010-02-03 16:37 | DIY | Comments(2)